研究者
J-GLOBAL ID:201101090555689115   更新日: 2018年12月29日

増田 和広

マスダ カズヒロ | Masuda Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 工事部本部長
研究分野 (1件): 土木材料、施工、建設マネジメント
論文 (2件):
MISC (5件):
  • 山路徹, 与那嶺一秀, 審良善和, 審良善和, 阿部正実, 阿部正実, 原田典佳, 田中隆太, 角野隆, 香田一哉, et al. 長期海洋暴露試験に基づく鋼管杭の防食工法の耐久性評価に関する研究(30年経過時の報告). 港湾空港技術研究所資料. 2016. 1324. 76P-74
  • 増田和広, 審良善和, 岩波光保, 柳嶋慎一, 阿部正美, 清水一夫. 海洋・港湾鋼構造物における最近の腐食事例. 防せい管理. 2010. 54. 5. 184-189
  • 増田和広, 審良善和, 岩波光保, 阿部正美, 濱田秀則. 海洋環境に21年間暴露した水中不分離性コンクリート被覆防食の耐久性と防食効果. 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM). 2009. 64th. Disk 2. ROMBUNNO.V-227
  • 審良善和, 阿部正美, 増田和広, 清水一夫, 小磯千代子. 波浪海域における飛沫・干満帯の電気防食効果. 防せい防食技術発表大会講演予稿集. 2008. 28th. 13-16
  • 増田和広, 濱田秀則, 宮田義一, 阿部正美. 桟橋鋼管杭に適用されている被覆防食工法の外観観察手法の開発. 防せい防食技術発表大会講演予稿集. 2006. 26th. 137-140
特許 (2件):
書籍 (3件):
  • サスティナブル・コンストラクション事典 : [セット]
    産業調査会事典出版センター 2012
  • 海洋鋼構造物の防食技術 : 厳しい腐食と戦った防食技術者たちの20年間のノートから
    技報堂出版 2010 ISBN:9784765517638
  • サスティナブル・コンストラクション事典 [本編]
    産業調査会事典出版センター ISBN:9784882825814
講演・口頭発表等 (4件):
  • Study on Durability and Corrosion Protection Performance of Concrete Cover Method for Port Steel pipe Structures
    (第3回持続可能な社会を目指す建設材料に関する国際会議 2013)
  • 海洋環境に21年間暴露した水中不分離性コンクリート被覆防食の耐久性と防食効果
    (土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) 2009)
  • 波浪海域における飛沫・干満帯の電気防食効果
    (防せい防食技術発表大会講演予稿集 2008)
  • 桟橋鋼管杭に適用されている被覆防食工法の外観観察手法の開発
    (防せい防食技術発表大会講演予稿集 2006)
所属学会 (5件):
日本技術士会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  土木施工管理技士会 ,  日本防錆技術協会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る