研究者
J-GLOBAL ID:201101093180471000   更新日: 2021年04月05日

有賀 雅奈

アリガ カナ | Ariga Kana
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.kana-science.sakura.ne.jp/
研究分野 (1件): 科学社会学、科学技術史
研究キーワード (7件): 科学技術社会論 ,  サイエンティフィック・イラストレーション ,  科学のビジュアル・コミュニケーション ,  科学の視覚表象論 ,  科学論 ,  科学技術コミュニケーション ,  サイエンス・ビジュアリゼーション
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2017 科学論文における視覚表象の変化の分析
  • 2013 - 2015 知識創造としてのサイエンティフィック・イラストレーション制作
論文 (9件):
  • 有賀雅奈, 田代学. サイエンティフィック・イラストレーションの制作プロセスと制作者の視点-イラストレーターと脳科学研究者による協働制作のケーススタディ. 科学技術社会論研究. 2017. 13. 186-203
  • Kana ARIGA, Manabu TASHIRO. Educational Practice of Scientific Visualization at CYRIC. CYRIC Annual Report2014-2015. 2016. 107-112
  • Kana ARIGA, Manabu Tashiro. A History of Biological Illustrators in Japan. Journal of Natural Science Illustration. 2016. 48. 3. 3-8
  • 有賀雅奈. 日本のサイエンス/メディカル分野のイラストレーターによる団体活動の動向調査. 科学技術コミュニケーション. 2015. 17. 22-34
  • 有賀雅奈, 梅本勝博. 科学技術コミュニケーションにおける研究者の省察. 科学技術コミュニケーション. 2013. 14. 3-12
もっと見る
MISC (2件):
  • 有賀雅奈. あなたの資料はわかりやすく魅力的?:研究者のためのビジュアルデザイン入門. 応用物理. 2018. 87. 4. 293-296
  • 有賀雅奈. 科学を描く--サイエンティフィック・イラストレーションとは何か. 大学出版. 2017. 111. 10-13
講演・口頭発表等 (31件):
  • 生命科学ジャーナルCELLの図表の分類と動向
    (分子イメージング連携特別講義(主催:サイクロトロン・RIセンター) 2021)
  • 効果的なスライド発表資料のデザイン術
    (分子イメージング連携特別講義(主催:サイクロトロン・RIセンター) 2021)
  • 生命科学ジャーナル『Cell』における論文の図の分類と動向
    (科学技術社会論学会第19回年次研究大会・総会 2020)
  • 患者と医療関係者双方にとって効果的なビジュアルデザインのインフォームド・コンセント説明資料
    (第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 2020)
  • サイエンティフィック・イラストレーションにおけるアート性
    (日本地球惑星科学連合2018年大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2014 北陸先端科学技術大学院大学 博士後期課程
  • 2008 - 2010 京都大学 生命科学専攻修士課程
  • 2004 - 2008 立教大学 生命理学科
学位 (1件):
  • 博士(知識科学) (北陸先端科学技術大学院大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 桜美林大学 リベラルアーツ学群 助教
  • 2019/11 - 2021/03 東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 助教
  • 2019/04 - 2021/03 株式会社レーマン コミュニケーション・ディレクター
  • 2016/10 - 2018/03 東北大学 研究推進・支援機構URAセンター 特任助教
  • 2015/04 - 2016/09 東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 教育研究支援者
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/12 - 現在 日本サイエンス・ビジュアリゼーション研究会 幹事
受賞 (2件):
  • 2013/03 - 知識共創フォーラム 第3回知識共創フォーラム奨励賞 日本における科学者の責任論の議論の系譜とその課題:省察に注目した 解決策の考察
  • 2011/03 - 知識共創フォーラム 第1回知識共創フォーラム萌芽論文賞 知識創造としてのサイエ ンスイラストレーション作成 -イラストレーターへのインタビュー調査から-
所属学会 (5件):
日本メディカルイラストレーション学会 ,  日本ワイルドライフアート協会 ,  日本サイエンス・ビジュアリゼーション研究会 ,  日本サイエンスコミュニケーション協会 ,  科学技術社会論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る