研究者
J-GLOBAL ID:201101093520967898   更新日: 2020年02月09日

宗 暁蓮

ソウ ギョウレン | Zong Xiaolian
研究分野 (2件): 観光学 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (8件): 観光計画 ,  来日中国観光客(観光体験、観光ニーズなど) ,  中国民族文化 ,  中国の観光政策 ,  観光人類学 ,  観光開発と社会、文化の変容 ,  観光土産 ,  世界遺産
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2010 中国雲南省麗江の世界遺産と都市の共存を目指す都市づくりの研究: 「現代中国における物質文化としての旅行土産:雲南省麗江を事例として」
  • 2004 - 2005 「西安市観光開発計画」(歴史遺跡と観光文化形成の研究担当)
  • 2003 - 2004 海島型区域文化的形成及発展研究」(都市と文化、観光文化形成の研究担当)
  • 2003 - 2003 「福建省龍岩市古田生態文化経済開発区旅遊発展総体計画」(観光開発プランニングを担当)
  • 2002 - 2002 「西部旅遊投資計画」(都市文化と観光の影響に関する研究担当)
論文 (33件):
  • 宗暁蓮. 雲南麗江における観光イメージの変化について. 2018年度ICCS研究活動報告書. 2019. 191-205
  • 宗暁蓮. よい物語りと観光 -- 日本の地域ストーリーづくり事業を中心に. 旅遊学刊. 2018. 33. 11. 1-3
  • 田村和彦著, 宗暁蓮訳. 『生活』という語で我々は何を捉えたいのか、何が捉えられるのか - 初日の各発表へのコメントとして. 日常と文化. 2018. 5. 123-130
  • 田中宣一著, 宗暁蓮訳. 伝承と陋習という認識. 日常と文化. 2018. 5. 81-87
  • 宗暁蓮. 観光文脈における民俗宗教-雲南省麗江ナシ族トンパ教の宗教から民俗活動への展開を事例として. アジア遊学. 2017. 215. 94-110
もっと見る
MISC (3件):
  • 宗暁蓮. 長い道のり 継続する意思:和力民研究員と彼の東巴文化継承の道. 今日民族. 2004
  • 宗暁蓮. 根が深くてはじめてその葉が茂る:李錫氏の東巴文化を論じる. 『文匯報』(香港版). 2001
  • 宗暁蓮. コミュニティ参与を重視しなければない. 麗江日報. 2001
書籍 (3件):
  • 観光開発と文化変遷:雲南省麗江県ナシ族文化を例として
    中国旅遊出版社 2006
  • 観光社会学研究
    南開大学出版社 2006
  • 観光人類学
    雲南大学出版社 2004
講演・口頭発表等 (8件):
  • 「世界文化遺産」から「出会いの都」まで:麗江観光イメージの変遷について
    (ITSA 第一回アジア-太平洋シンポジウム 2019)
  • 雲南麗江における観光イメージの変化について
    (現代中国における民俗観光 2019)
  • 観光文脈における民俗宗教: ナシ族トンパ文化を例にして
    (民俗から考える東アジア世界の現在: 資源化、災害、人の移動 2016)
  • 文化人類学と観光の社会文化現象研究
    (浙江工業大学 シンポジウム 2016)
  • 日本学界の観光の社会、文化現象研究
    (中央民族大学 第一回観光研究学術研討会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 中央民族大学
  • 1997 - 1999 雲南民族学院
  • 1989 - 1992 中国江蘇省鹽城師範学院 中国語言語と文学
学位 (1件):
  • 博士 (中国 中央民族大学)
経歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 愛知大学 国際中国研究センター 外来研究員
  • 2019/04 - 現在 中村学園大学 流通科学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 西南学院大学 国際文化学部 非常勤講師(中国語、中国民族文化論)
  • 2016/10 - 現在 国立民族学博物館 超域フィールド科学研究部 外来研究員
  • 2018/04 - 2018/08 精華女子短期大学 非常勤講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る