研究者
J-GLOBAL ID:201101095726626593   更新日: 2021年11月29日

藤吉 朗

フジヨシ アキラ | Fujiyoshi Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 一般日本人女性における潜在性動脈硬化と脳萎縮の実態解明:第2期調査
  • 2018 - 地域一般住民における大豆たんぱく代謝産物エクオールと動脈硬化との関連検討響
  • 2014 - 2017 筋・肝・腹部脂肪が糖・インスリン代謝に及ぼす影響:地域住民7年追跡コホート研究
  • 2013 - 2016 動脈硬化の進展にかかわる新しいバイオマーカーの探索
  • 2013 - 2015 non-HDL等血中脂質評価指針及び脂質標準化システムの構築と基盤整備に関する研究
全件表示
論文 (202件):
  • Namuun Ganbaatar, Aya Kadota, Takashi Hisamatsu, Shinichi Araki, Shinji Kume, Akira Fujiyoshi, Sayaka Kadowaki, Sayuki Torii, Keiko Kondo, Hiroyoshi Segawa, et al. Relationship between Kidney Function and Subclinical Atherosclerosis Progression Evaluated by Coronary Artery Calcification. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2021
  • Takashi Hisamatsu, Takayoshi Ohkubo, Atsushi Hozawa, Akira Fujiyoshi, Sayuki Torii, Hiroyoshi Segawa, Keiko Kondo, Aya Kadota, Naoyuki Takashima, Satoshi Shitara, et al. Association of self-measured home, ambulatory, and strictly measured office blood pressure and their variability with intracranial arterial stenosis. Journal of hypertension. 2021. 39. 10. 2030-2039
  • Aya Higashiyama, Akira Fujiyoshi. How Is Socioeconomic Status Associated With the Incidence of Heart Failure?. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2021. 85. 9. 1553-1554
  • Akira Fujiyoshi, Maryam Zaid, Emma Barinas-Mitchell. Is Measuring Risk Marker Progression Useful for Cardiovascular Disease Prediction?. Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland). 2021. 1-4
  • Hideki Nagata, Katsuyuki Miura, Sachiko Tanaka, Aya Kadota, Takehito Hayakawa, Keiko Kondo, Akira Fujiyoshi, Naoyuki Takashima, Yoshikuni Kita, Akira Okayama, et al. Relationship of higher-level functional capacity with long-term mortality in Japanese older people: NIPPON DATA90. Journal of epidemiology. 2021
もっと見る
MISC (183件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 『はじめて学ぶやさしい疫学 (改訂第3版)』
    南江堂 2018
  • 「虚血性心疾患の疫学 米国との比較にみる日本における推移と特徴、リスク因子」 (『Hospitalist』)
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2015
  • 「心血管イベント発症予測ツール」(『Hospitalist』)
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2015
  • 「肥満」 『循環器病予防ハンドブック(第7版)』
    保健同人社 2014
  • 和訳『ハリソン内科学 第4版(原著18版)』
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013 ISBN:9784895927345
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 高血圧者における7回スポット尿 Na/K比測定は24時間尿 Na/K比の代替評価手法となる
    (第37回日本高血圧学会総会 抄録集(2014.10-17-19 横浜) 2014)
  • 社会的要因と高血圧有病者、未治療者、およびコントロール不良者割合との関連:NIPPON DATA2010
    (第37回日本高血圧学会総会 抄録集(2014.10-17-19 横浜) 2014)
  • 日本国民における家庭血圧測定状況とその関連要因:NIPPON DATA2010
    (第37回日本高血圧学会総会 抄録集(2014.10-17-19 横浜) 2014)
学歴 (4件):
  • 2015 - 2016 ミネソタ大学 (Fulbright研究員)
  • 2007 - 2011 滋賀医科大学
  • 2005 - 2007 ミネソタ大学
  • 1985 - 1991 岡山大学
学位 (3件):
  • 博士(医学) (滋賀医科大学)
  • PhD (Shiga University of Medical Science)
  • MPH (University of Minnesota)
経歴 (7件):
  • 2019/01 - 現在 和歌山県立医科大学(医学部) 衛生学講座 教授
  • 2013/08 - 2018/12 滋賀医科大学(医学部) 公衆衛生学部門 准教授
  • 2012 - 2013 滋賀医科大学医学部公衆衛生学部門 特任講師
  • 2009 - 2012 滋賀医科大学医学部公衆衛生学部門 特任助教
  • 2005/07 - 2007/06 メイヨー・クリニック(米国) 予防医学フェローシップ 臨床フェロー
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2021/04 - 現在 日本循環器学会 「冠動脈疾患の一次予防に関する診療ガイドライン」作成班 班長
  • 2020/03 - 現在 日本動脈硬化学会 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022
  • 2019/04 - 現在 和歌山産業保健総合支援センター 産業保健相談員
  • 2019 - 現在 和歌山県国保連合会 保健事業支援・評価委委員
  • 2018/04 - 現在 日本公衆衛生学会 『日本公衆衛生雑誌』査読委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/02 - 日本疫学会 ベストレビュアー2019 (Journal of Epidemiology)
  • 2013/10 - 日本高血圧学会 第4回Hypertension Research優秀賞 Blood pressure categories and long-term risk of cardiovascular disease according to age group in Japanese men and women
所属学会 (8件):
日本動脈硬化学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本内科学会 ,  日本循環器病予防学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本疫学会 ,  日本衛生学会 ,  日本産業衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る