研究者
J-GLOBAL ID:201101097573430182   更新日: 2020年01月09日

藤木 篤

フジキ アツシ | Atsushi Fujiki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.tr.kobe-ccn.ac.jp/~staff-admin/kyouin/view.php?fname=fujikihttp://www.tr.kobe-ccn.ac.jp/~staff-admin/kyouin/view.php?fname=fujiki
研究分野 (10件): 哲学・倫理学 ,  哲学・倫理学 ,  哲学・倫理学 ,  哲学・倫理学 ,  科学社会学・科学技術史 ,  科学教育 ,  科学教育 ,  環境政策・環境社会システム ,  環境リスク制御・評価 ,  地域研究
研究キーワード (19件): 応用倫理学 ,  工学倫理 ,  工学教育 ,  科学技術社会論 ,  技術哲学 ,  環境倫理学 ,  環境社会学 ,  環境教育 ,  公衆衛生 ,  環境衛生 ,  公衆衛生倫理 ,  生命倫理 ,  看護倫理 ,  ケアの倫理 ,  風土病 ,  顧みられない熱帯病 ,  日本住血吸虫病 ,  地球工学 ,  遺伝子ドライブ
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 社会の福利を志向する技術者を育成する倫理教育プログラムの構築
  • 2018 - 2021 日本技術哲学の総合研究と国際化
  • 2017 - 2020 生命・環境技術の社会実装に関する先端融合研究-21世紀型参加のビジョンと試行-
  • 2017 - 2020 工学倫理における公衆優先原則と環境配慮義務の相反に関する研究
  • 2016 - 2016 環境倫理と技術者倫理教育の架橋
全件表示
論文 (16件):
  • 藤木 篤. 根絶と脱絶滅 - 種の選別をめぐる倫理的問題. 西日本哲学年報. 2018. 26. 33-55
  • 藤木 篤. 環境保全と公衆衛生の相反:日本住血吸虫病対策を事例に (シンポジウム提題者報告要旨). 倫理学研究. 2018. 48. 4-17
  • 杉原 桂太, 藤木 篤, 金 永鍾. 技術者倫理教育における価値および態度の測定は如何にして可能か. Nagoya Journal of Philosophy. 2017. 12. 1-15
  • 藤木 篤. 日本住血吸虫病撲滅事業の事例分析に基づく環境倫理学と技術者倫理の接続の試み. 工学教育. 2017. 65. 3. 97-102
  • 藤木 篤, 永吉 守. 九州の近代化産業遺産を活用したアクティブラーニング型技術哲学の構築 - 技術史および技術者倫理への展開を目指して -. 久留米工業高等専門学校紀要. 2017. 32. 7-17
もっと見る
MISC (9件):
  • 藤木 篤. 2A02 「好奇心主導型の科学技術倫理」の導入による志向倫理的態度の涵養:志向倫理と予防倫理の調和を目指して (OS 志向倫理(Aspirational Ethics)から捉える新たな技術者倫理教育-I, 口頭発表論文). 工学教育研究講演会講演論文集. 2018. 132-133
  • 藤木 篤. 公衆衛生と環境保全の相反を巡る環境倫理学的考察:日本住血吸虫病対策事業の地域別比較研究から. 2018 旭硝子財団 助成研究発表会 要旨集. 2018. 160-161
  • 藤木 篤. 公衆衛生と環境保全の相反を巡る環境倫理学的考察:日本住血吸虫病対策事業の地域別比較研究から. 旭硝子財団 助成研究成果報告(2018). 2018
  • 藤木 篤. 工学倫理における公衆優先原則と環境配慮義務の相反に関する研究. 平成29年度科研費採択事例集 (独立行政法人国立高等専門学校機構 研究推進・産学連携本部). 2017. 378-379
  • Atsushi Fujiki. [FORUM] Humanistic Engineering: Letter to "The True Grand Challenge for Engineering: Self-Knowledge" by Carl Mitcham. Issues in Science and Technology. 2015. 31. 3. 22-24
もっと見る
書籍 (6件):
  • Ethics, Science, Technology, and Engineering: A Global Resource (The 2nd edition of Encyclopedia of Science Technology and Ethics [ESTE])
    Gale, Cengage Learning 2014 ISBN:0028661966
  • はじめての工学倫理 (第3版)
    昭和堂 2014 ISBN:4812213495
  • 人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック
    慶應義塾大学出版会 2015 ISBN:4766422554
  • 理系のための科学技術者倫理 JABEE基準 対応
    丸善出版 2015 ISBN:4621089463
  • 哲学は環境問題に使えるのか:環境プラグマティズムの挑戦
    慶應義塾大学出版会 2019 ISBN:4766426126
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 事例研究としてのアスベスト問題 - 神戸大学倫理創成講座の試みを通じて
    (関西工学倫理研究会 第27回公開講演会 2007)
  • アスベスト被害聞き取り調査報告-アクション・リサーチの観点から
    (第18回倫理創成研究会 2007)
  • アスベスト問題に見るリスクガバナンスと予防原則 - 因果関係と立証責任の観点から
    (科学技術社会論学会第7回年次研究大会 2008)
  • 兵庫-神戸RCEの取り組み事例
    (アジアESD・RCE若者会議 in 仙台 2008)
  • 倫理創成プロジェクト-その取り組みと展望-
    (第1回神戸大学ESDシンポジウム「ESD概念の奥ゆきを探る ~ESD推進に求められるのは?~ 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 神戸大学 文学部
  • 2004 - 2007 神戸大学 文学研究科 哲学専攻
  • 2007 - 2010 神戸大学 人文学研究科 文化構造専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (神戸大学)
経歴 (18件):
  • 2008/11 - 2009/03 神戸大学 学生研究支援員
  • 2009/04 - 2011/03 日本学術振興会 特別研究員
  • 2010/06 - 2011/03 コロラド鉱山大学 客員研究員
  • 2011/04 - 2016/03 久留米工業高等専門学校 助教
  • 2016/04 - 2016/09 北九州市立大学 非常勤講師 (工学倫理)
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2017/10 - 2018/05 北九州産業学術推進機構 北九州先進技術実証倫理審査委員会委員
  • 2017/04 - 2017/11 科学技術社会論学会 年次学術大会実行委員会 実行委員
  • 2015/11 - 2016/02 Association for Practical & Professional Ethics Member of the Annual Meeting Planning Team and Program Reviewers
  • 2014/11 - 2015/02 Association for Practical & Professional Ethics Member of the Program Committee
  • 2011/11 - 2012/02 Association for Practical & Professional Ethics Member of the Annual Meeting Planning Team and Program Reviewers
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/12 - 西日本哲学会 第11回若手優秀論文賞 「根絶と脱絶滅 - 種の選別をめぐる倫理的問題」
  • 2009/02 - 南山大学社会倫理研究所 第2回社会倫理研究奨励賞佳作 「船員のアスベスト被害、その実態と課題-元船員の証言より」
所属学会 (10件):
日本機械学会 ,  日本倫理学会 ,  宮入慶之助記念館 ,  西日本哲学会 ,  日本哲学会 ,  日本工学教育協会 ,  Society for Philosophy and Technology ,  Association for Practical and Professional Ethics ,  科学技術社会論学会 ,  応用哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る