研究者
J-GLOBAL ID:201101099885833910   更新日: 2020年09月01日

青木 茂樹

aoki shigeki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://cbsn-mri.umin.jp/index.html
研究分野 (4件): 医用システム ,  精神神経科学 ,  神経形態学 ,  放射線科学
研究キーワード (33件): 拡散MRI ,  包括脳ネットワーク・リソース・技術開発委員会 ,  包括脳ネットワーク ,  画像処理 ,  方向分解能 ,  拡散 ,  エンドフェノタイプ ,  視覚連合野 ,  光干渉 ,  拡散テンソルトラクトグラフィ ,  オ-プンタイプMRI ,  筋萎縮性側策硬化症 ,  聴覚刺激 ,  amyotrophic lateral sclerosis ,  静磁場方向 ,  BDNF ,  脳硬塞 ,  脳・神経 ,  血管壁 ,  拡散テンソルtractography ,  拡散強調像 ,  脳梗塞 ,  生理的加齢 ,  血管造影 ,  MRインタ-ベンション ,  線維追跡 ,  統合失調症 ,  動脈硬化 ,  モデリング ,  脳 ,  IVR ,  拡散テンソル ,  MRI
競争的資金等の研究課題 (34件):
  • 2018 - 2021 次世代拡散MRIによる脳微細構造の観察と定量化:従来法の概念の一新
  • 2016 - 2021 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明
  • 2016 - 2021 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
  • 2017 - 2019 特発性正常圧水頭症の診療ガイドライン作成に関する研究
  • 2015 - 2018 非ガウス分布拡散MRIを用いた正常圧水頭症の病態解析と治療反応性予測
全件表示
論文 (269件):
  • Akifumi Hagiwara, Masaaki Hori, Koji Kamagata, Marcel Warntjes, Daisuke Matsuyoshi, Misaki Nakazawa, Ryo Ueda, Christina Andica, Saori Koshino, Tomoko Maekawa, et al. Myelin Measurement: Comparison between Simultaneous Tissue Relaxometry, Magnetization Transfer Saturation Index, and T1w/T2w Ratio Methods. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Ogawa Akitoshi, Osada Takahiro, Tanaka Masaki, Hori Masaaki, Aoki Shigeki, Nikolaidis Aki, Milham Michael P, Konishi Seiki. Striatal subdivisions that coherently interact with multiple cerebrocortical networks. HUMAN BRAIN MAPPING. 2018. 39. 11. 4349-4359
  • Hikari Tanaka, Kanoh Kondo, Xigui Chen, Hidenori Homma, Kazuhiko Tagawa, Aurelian Kerever, Shigeki Aoki, Takashi Saito, Takaomi Saido, Shin-Ichi Muramatsu, et al. The intellectual disability gene PQBP1 rescues Alzheimer's disease pathology. Molecular psychiatry. 2018. 23. 10. 2090-2110
  • Boonrod Arunnit, Hagiwara Akifumi, Hori Masaaki, Fukunaga Issei, Andica Christina, Maekawa Tomoko, Aoki Shigeki. Reduced visualization of cerebral infarction on diffusion-weighted images with short diffusion times. NEURORADIOLOGY. 2018. 60. 9. 979-982
  • Taniguchi Daisuke, Hatano Taku, Kamagata Koji, Okuzumi Ayami, Oji Yutaka, Mori Akio, Hori Masaaki, Aoki Shigeki, Hattori Nobutaka. Neuromelanin imaging and midbrain volumetry in progressive supranuclear palsy and Parkinson's disease. MOVEMENT DISORDERS. 2018. 33. 9. 1488-1492
もっと見る
MISC (57件):
  • 青木 茂樹. 脳MRI最近の進歩:synthetic MRIと拡散MRIを中心に. 神経治療学. 2017. 34. 6. S82-S82
  • 中澤 美咲, アンディカ クリスティナ, 萩原 彰文, 青木 茂樹. 小児におけるSynthetic MRIの使用経験. 日本小児放射線学会雑誌. 2017. 33. 2. 73-78
  • 中澤 美咲, 萩原 彰文, Andica Christina, 堀 正明, 青木 茂樹. Synthetic MRIの臨床と研究 (ROUTINE CLINICAL MRI 2017 BOOK). 映像情報medical : a monthly journal of medical imaging and information. 2016. 48. 14. 60-67
  • 鎌形 康司, 波田野 琢, 上田 亮, 青木 茂樹. パーキンソン病およびパーキンソン症候群のMRI (特集 内科医がおさえておくべきパーキンソン病診療のポイント) -- (パーキンソン病とパーキンソン症候群の鑑別のための検査). 内科. 2016. 118. 2. 239-244
  • 濱? 望, 鶴田 航平, 青木 茂樹. 最近のMRIの動向と今後の将来展望 (総特集 MRI : 新しい活用の潮流とその実力) -- (MRIの立脚点と将来像を示す). 月刊新医療. 2015. 42. 6. 32-35
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2008 - 順天堂大学医学部 放射線診断学講座 教授
  • 2000 - 東京大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 1995 - 山梨医科大学 放射線医学 助教授
  • 1994 - 東京大学 医学部(病)・医学部(病) 助手
受賞 (1件):
  • 2007/10 - Boehringer Ingelheim ベルツ賞 中枢神経系MRIにおける拡散テンソル解析の基礎と臨床応用: 解析ソフトウエアの開発から臨床応用までのトランスレーショナルリサーチ
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る