{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102205032285725   整理番号:11A1777651

バルクZnOにおける光ルミネセンスピークエネルギーのパルスレーザー励起電力依存性

Pulsed laser excitation power dependence of photoluminescence peak energies in bulk ZnO
著者 (4件):
資料名:
巻: 110  号:ページ: 083508  発行年: 2011年10月15日
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
5から298Kの温度範囲で水熱バルクZnOの光ルミネセンス(PL)スペクトルを測定した。0.33から7.50mWまでの範囲にある多くの平均励起電力を用いてNd3+:YAG Q切替えレーザーの266nm線により試料を励起させた。一定温度のとき,平均励起電力とともに最も強いPLピークは赤方偏移したが,他のバンド端近傍ピークの位置は不変だった。赤方偏移が励起スポットでの局所的加熱に起因するものでないことを実験で証明した。むしろ,それは。最も強い遷移が高励起光子密度により飽和されるときに光励起されたキャリアーがより低いエネルギーに緩和することに起因する。さらに,最も強いPLピークのエネルギーの温度依存性をVarshni方程式に適合させた。Varshni係数αおよびβはパルスレーザー励起電力の増大とともに減少した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
半導体のルミネセンス 

前のページに戻る