{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201102210820282803   整理番号:10A1348991

ケール液は高コレステロール血症男性で冠動脈疾患危険因子を改善する

Kale Juice Improves Coronary Artery Disease Risk Factors in Hypercjlolesterolemiic Men
著者 (5件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 91-97  発行年: 2008年
JST資料番号: C2560A  ISSN: 0895-3988  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 中国 (CHN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
目的:高コレステロール血症男性の間で冠動脈疾患危険因子について3カ月のケール(Brassica oleracea acephala)液サプルメントの作用を評価した。方法:高コレステロール血症(>200mg/dL)男性33例は,大学の教職員とスタッフの間で一年の健診後に採用した。12週介入期間の間,1日150mLのケール液を消費した。食事と人類発生評価は実行し,血液サンプルはサプルメント前後に生化学プロフィールを評価するために採取した。結果:血清HDLコレステロール濃度及びHDL-コレステロールとLDL-コレステロール比は,それぞれ27%(P<0.0001)と52%(P<0.0001)と,有意に増加した。サプルメントの3カ月後,BMI,ウエストと腰周囲,あるいは栄養摂取量を影響することなく,LDLコレステロール濃度とアテローム生成指数は,それぞれ10%(P=0.0007)および24.2%(P<0.0001)と,有意に減少した。マロンジアルデヒド濃度に違いはなく,グルタチオンペルオキシダーゼ活性の有意な増加は(P=0.0005),血清セレニウム値の有意な増加を伴った(P=0.0132)。ケール液の投与に対するこれら危険因子の応答は喫煙状態に依存していた。結論:ケール液による規則的な食事サプルメントは血清脂質プロフィールに有利に影響し,高脂血症の男性被験者で冠動脈疾患の危険度を減らすために貢献した。Data from the ScienceChina, LCAS. Translated by JST
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
循環系疾患の治療一般 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る