{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102226469144362   整理番号:11A1541330

リスクアナリシスで使用される「不確実性」概念の再整理

Restatement of the concepts of ‘Uncertainty’ used in Risk Analysis
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 101-113  発行年: 2011年09月07日
JST資料番号: L2237A  ISSN: 0915-5465  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
リスクアナリシスに関わる諸手法はサイエンスベースでのリスク算...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=11A1541330&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=L2237A") }}
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境問題  ,  食品衛生一般 
引用文献 (21件):
  • Cullen, A. C. and Frey, H. C. (1999) A Basic framework for probabilistic analysis, in Probabilistic techniques in exposure assessment: A handbook for dealing with variability and uncertainty in models and inputs, Plenum.
  • Einhorn, H. J. and Hogarth, R. M. (1985) Ambiguity and Uncertainty in probabilistic inference, Psychological Review, 92, 433-461.
  • Funtowicz, S. 0. and Ravetz, J. R. (1990) Uncertainty and quality in science for policy, Kluwer academic publishers.
  • Funtowicz, S. 0. and Ravetz, J. R. (1994) Uncertainty, complexity and Post-Normal Science, http://homepage2.nifty.com/tsukaken/pro.tsukahara/works/PNS/2003_3_23-2.htm
  • Haimes, Y. Y. (1998) Defining uncertainty and sensitivity analysis, Chapter 6 in Risk modeling, assessment, and management, John wily & son.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る