{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102229620817586   整理番号:11A0146968

非同時発生と同時計数法による捕獲γ線測定に基づく地雷探知器の開発

Development of Land Mine Detector System Based on the Measurements of Capture γ-Rays with Anticoincidence and Coincidence Methods
著者 (5件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 31-38 (J-STAGE)  発行年: 2011年
JST資料番号: G0317A  ISSN: 0022-3131  CODEN: JNSTAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この論文では,窒素と水素との中性子捕獲反応による其々の10.83と2.22MeV捕獲γ線検出を使用する土壌中の地雷検出のための探知器システムが説明される。地雷検出において,ある困難があり,測定中の高いバックグランドレベルと高エネルギーγ光線の低い検出効率が含まれる。これら困難さを克服するために,非同時発生と同時計数法と,BGOとNaI(Tl)シンチレータの組み合わせを用いる同時測定にかかわる方法論が提案される。バックグラウンド放射能濃度は,この方法論を用いて抑制され,高エネルギーγ線の検出効率は改良される。その結果,高効率で土中に埋められた地雷を検出するのが,可能になるはずである。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
放射線応用計測 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る