{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102243800375657   整理番号:11A0536099

日本の陸上と洋上の風力エネルギー賦存量と長期的な設置目標及び2050年までのロードマップ

Japan’s Onshore and Offshore Wind Energy Potential as well as Long-term Installation Goal and Its Roadmap by the Year 2050
著者 (4件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 701-720  発行年: 2010年
JST資料番号: B0695B  ISSN: 0309-524X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2010年10月に,日本の正味の利用可能な陸上の風力エネルギーは,6,400MWと推定されたが,最近の知見に基づき,洋上を含む形で,これを修正する必要がある。本研究は,社会的・経済的制約を考慮して,正味の利用可能な風力エネルギーと同様に,日本の陸上と洋上の総風力エネルギー資源を再推定した。推定エリアは,北海道から沖縄までの10電力会社の地域を含み,風力エネルギー資源は,年間平均風速の幅に応じて推定され,その後,定格化された風車容量に変換された。更に,利用可能な風力エネルギーが,制約条件を計算されたエリアに適用することにより付与され,その後,風車容量に変換された。その結果,風力エネルギー資源と6,434,830MW,80m高さの陸上:6.5m/s,洋上:7.5m/sの年間平均風速で利用可能な風力エネルギーは782,220MWと推定された。結果的に,ロードマップは次の通りである;2010年:3,000MW,2020年:11,310MW,2030年:27,000MW,2040年:44,300MW,2050年:50,000MW。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
風力エネルギー 

前のページに戻る