{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102251662832319   整理番号:11A0046490

白血病HL-60におけるアポトーシスクロマチン凝集の指標である細胞死と形態学的変化を誘導する、ローレル(ゲッケイジュ)から分離されたセスキテルペン(コスツノリドとザルザニンD)

Sesquiterpenes (costunolide and zaluzanin D) isolated from laurel (Laurus nobilis L.) induce cell death and morphological change indicative of apoptotic chromatin condensation in leukemia HL-60 cells
著者 (7件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 147-151  発行年: 2003年
JST資料番号: O3052A  ISSN: 1107-3756  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: その他 (ZZZ)  言語: 英語 (EN)
タイトルに関連する用語 (12件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る