{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102256906701850   整理番号:11A1511029

2010年夏季の異常高温と農業被害-水稲を中心として-1.2010年夏季の気象状況と農業被害の概要

著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 169-173  発行年: 2011年08月31日
JST資料番号: L0381A  ISSN: 0286-6021  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2010年夏季(6~8月)の気象状況の特徴は,日本全体での「統計開始以来」の異常高温であり,農畜産業に多大な被害を与えた。水稲は全国的な作況指数98で「やや不良」となったが,加えて品質低下が著しく1等米比率は前年度比で約20%と大きく低下した。春まき小麦は春先の異常低温と降水により,秋まき小麦は夏季異常高温による登熟日数の短縮化により,いずれも大幅な減収となった。野菜の春・夏野菜も小麦と同様な気象条件の影響を受けたが,栽培品目が多岐にわたる事もあって平均収量はやや減収に止まった。ミカンは果実肥大期の高温少雨の影響で小玉傾向となり,強日射と高温による日焼け果の発生もあり,収量減となった。家畜生産性には適温があるが,昨夏は異常高温による死亡頭羽数が著しく,かなりの被害を受けた。昨夏の異常高温は農畜産業に大きな被害を与えたが,今後も多発が予想される異常気象に対応した高温化対策が急務である。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
農業経済,農業経営  ,  農業気象  ,  気候学,気候変動 

前のページに戻る