{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102258078027930   整理番号:11A0711481

インターネットにおける情報倫理に関する調査分析

著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 21-31  発行年: 2011年03月25日
JST資料番号: L5099A  ISSN: 1348-9208  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
インターネットと情報論理にに関して行ったアンケートを分析し,2004年度,2007年度,2008年度,2009年度の入学時における情報論理の意識を比較している。質問は,個人情報に関して,データの閲覧,個人データの掲載と入力,著作権や知的所有権に関して,他人のwebサイトに掲載されている文章やレポートの利用,他人の作った画像や音楽を自分のホームページに貼る,市販のソフトウエアのコピー,有害情報などに関して,わいせつ画像について,添付ファイルなどを電子メールでの送付,セキュリティなどに関して,コンピュータウイルスなどについて,パスワードについて行い,項目に対して,そう思う,どちらともいえない,そう思わない,で回答をまとめている。結果として,個人データに関しては,自分のものは他人に見せたくないが,他人のものはある程度関心がある。著作権や知的所有権に関しては,改善されつつあるかどうかについて,どちらともいいえないの回答が多い,有害情報に関しては倫理意識が低い傾向があると説明している。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
データ保護 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る