{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102272069117147   整理番号:11A1310446

Drosophila(ショウジョウバエ)胚におけるアポトーシス細胞のインテグリンβν媒介食作用

Integrin βν-mediated Phagocytosis of Apoptotic Cells in Drosophila Embryos
著者 (9件):
資料名:
巻: 286  号: 29  ページ: 25770-25777  発行年: 2011年07月22日
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
動物の発達や組織ホメオスタシスにとって,死滅した細胞を食作用によって取り除くことがきわめて重要である。ここでは,Drosophila (ショウジョウバエ)食細胞によるアポトーシス細胞のクリアランスにおいて重要な役割を演ずる分子を同定するために,in vitroで幼虫の血球に対する一連のモノクローナル抗体の上昇を調べ,胚におけるアポトーシス細胞のインテグリンβν媒介食作用を検討したので報告した。多くの文献を引用して,関連する報告と本研究の関係を説明した。また,図を用いて研究結果を分かりやすく報告した。試験結果から,ショウジョウバエにおけるアポトーシス細胞のクリアランスに対して責任がある食作用受容体として,インテグリンβνが作用することが示唆された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
免疫反応一般  ,  細胞生理一般 

前のページに戻る