{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102290439979877   整理番号:11A1906904

連続および最近転換した水田のCH4排出量に対する稲藁施用の影響

Effect of rice straw application on CH4 emission in continuous and recently converted paddy fields
著者 (6件):
資料名:
巻: 67  号:ページ: 185-192 (J-STAGE)  発行年: 2011年
JST資料番号: X0731A  ISSN: 0021-8588  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
イネ水田からのメタン(CH4)排出用に著しく影響するため,稲藁管理は環境的な問題である。異なる栽培履歴を持つ水田に対する藁-施用の影響を評価するため,筆者らは,連続栽培イネ水田(CP)と(ダイズ栽培から)最近転換した水田(RP)に稲藁処理(+S)を行い,CH4排出量を測定した。さらに筆者らは,1)土壌Fe(III)還元および2)メタン生成細菌個体群動態の変化がCPとRPの間で藁施用によるCH4排出の応答の差に影響していると仮定した。CP+Sからのメタン(CH4)排出量はRP+Sよりも2倍多く,藁施用無しと比較して前期(289%)よりも後期(492%)の方が相対的増強は高かった。化学量論的評価から,特にCPで,施用した稲藁がCH4生産の電子供与体の外因性根源として働くことが明らかになった。筆者らの結果から,短期間の水田よりも連続した方が藁施用によるCH4排出量増加が大きいことが示された。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
気圏環境汚染  ,  環境問題  ,  土壌化学 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (23件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る