{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201102294138789504   整理番号:11A1628939

Ba1-x(Bi0.5K0.5)xTiO3結晶軸配向性板状粒子ソルボサーマルソフト化学合成および特性評価

Solvothermal Soft Chemical Synthesis and Characterization of Nanostructured Ba1-x(Bi0.5K0.5)xTiO3 Platelike Particles with Crystal-Axis Orientation
著者 (5件):
資料名:
巻: 23  号: 17  ページ: 3978-3986  発行年: 2011年09月13日
JST資料番号: T0893A  ISSN: 0897-4756  CODEN: CMATEX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Ba1-x(Bi0.5K0.5)xTiO3(BBKT)板状粒子の調製を,新規二段階ソルボサーマルソフト化学プロセスを用いて行い,反応機構および特性評価を行った。本手法によるBBKT板状粒子の調製は立方形状BBKTナノ結晶から構築され,結晶軸配向に配列されている。特性評価にはX線回折(XRD),電界放射型走査電子顕微鏡法(FE-SEM),透過型電子顕微鏡(TEM),制限視野電子回折(SAED),エネルギー分散分光法(EDS)により行った。ソルボサーマル処理の第一段階で,H1.07Ti1.73O4(HTO)の一部がBaTiO3(BT)に転移することでBT-HTOナノ化合物が生成した。この生成反応はin situトポタクティック構造転移反応である。第二段階では,まず溶液内のBi3+とBT-HTOないのHTO相の反応によりBT-Bi12TiO20ナノ化合物が生成し,その後BT-Bi12TiO20ナノ化合物がKOH溶液と反応することでBBKTを生成した。本手法で調製したBBKT板状粒子はナノ結晶から多結晶粒子を形成しており,それぞれの板状ナノ粒子はいずれも[110]配向を示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
塩基,金属酸化物  ,  圧電気,焦電気,エレクトレット 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る