研課題
J-GLOBAL ID:201104084204726295  研究課題コード:6000004376 更新日:2011年03月14日

固体高分子形燃料電池向け金属セパレータの成形技術の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究分野 (1件): 生産工学・加工学
研究概要:
固体高分子形燃料電池の普及に際して最も大きな課題である低コスト化とコンパクト化の要求に対し、それを実現する一手段として、主要構成部品の一つであるセパレータの金属薄板プレス化について検討する.成形素材である各種金属薄板に関する検討やセパレータに必要とされる導電性、高耐食性を付与するための表面処理も含めた素材面の検討を行うとともに、サーボプレスを用いたプレスモーション制御や金型にヒータを内蔵する温間成形法の適用により、金属セパレータを高精度に成形するための手法を開発する.さらにその金属セパレータを組み込んだ発電テストを行い、実用面での評価を行う.
キーワード (4件):
燃料電池 ,  金属セパレータ ,  サーボプレス ,  温間成形
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 白川 信彦
研究制度: -

前のページに戻る