研課題
J-GLOBAL ID:201104092158474351  研究課題コード:6000004393 更新日:2011年03月14日

カーボンナノコイル(CNC)を活用した新規なセラミックス基複合材料の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究分野 (3件): ナノ材料・ナノバイオサイエンス ,  機能材料・デバイス ,  構造・機能材料
研究概要:
カーボンナノコイル(CNC)は、らせん形状を有するカーボンで出来たナノチューブであり、特異な構造を持つこと等により、多くの優れた物性(高導電性や高い機械的強度、強靭なバネ特性、電磁波吸収能等)を持つことが知られている。本研究では、そのような高機能なCNCを活用し、酸化物又は炭化物セラミックスとの融合により、新規なセラミックス基複合材料の開発を目指す。具体的には、湿式法(スラリー混合等)によりCNCとセラミックスを分散混合し、その後、成形・焼結により焼結体を作製する。更に、得られた焼結体において各種評価(密度測定、SEM観察、機械的特性、熱的特性等)を行うことで、セラミックスへのCNC複合化効果に関する検討を実施する。
キーワード (2件):
カーボンナノコイル ,  セラミックス基複合材料
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 長谷川 泰則
研究制度: -

前のページに戻る