資源
J-GLOBAL ID:201110000587577837   研究資源コード:5000001766 更新日:2003年05月14日

受託試験

Contract testing
保有機関:
資源分類: 実験機器、施設等
概要:
火力・原子力発電、石油化学プラントなどの装置は、高温・高圧下の条件
下で10〜30年間も運転されます。金属材料は、高温では小さな応力のもと
でも時間とともに徐々に変形が進むクリープと呼ばれる現象が起こります。
従って、高温で長期間使用する装置の安全性・信頼性を確保するためには、
いろいろな耐熱金属材料の長時間クリープ挙動を正確に把握する必要があ
ります。
クリープデータシート作成は、材料信頼性の確立を目指す主要研究課題の
一つで、国産高温用金属材料のクリープ強度データを得、データシートと
して刊行することを目的としたものです。
当研究所は、本プロジェクトのための長時間クリープ試験を昭和41年度か
ら開始しました。40種類を超える多数の耐熱金属材料について、10万時間
を超えるクリープ変形量や破断データを得ることを目標とした試験を続け
ています。本プロジェクトの成果として、これまで計画的かつ系統的に100
冊を超えるクリープデータシートを発行してきました*1。金属材料技術研
究所(金材技研)クリープデータシートは、国内外の研究機関、政府機関、
学協会、大学、企業等において、標準的強度データとして高温機器の安全性・
信頼性の向上、材料選択ならびに新材料開発など多方面で利用されています。
系統的に長時間クリープ試験を実施しているのは、現在では世界的に見て
も当研究所のみで、極めて高い評価を受けています。

*1 出版状況
初版の出版条件:約1万時間までのデータが得られたとき出版
A版の出版条件:約3から5万時間までのデータが得られたとき出版
B版の出版条件:10万時間を超えるデータが得られたとき出版
ただし初版の内容はA版に、A版の内容はB版に吸収されます。
利用手続きと方法:
金属材料技術研究所長宛試験委託申請書、試料を提出する。
【利用料金】
有料(クリープ試験受託約款による)
【利用者の資格】
制限なし(但し、審査あり)
【利用上の制約】
研究目的に限る。

前のページに戻る