資源
J-GLOBAL ID:201110001560740210   研究資源コード:0000000068 更新日:2005年01月07日

植物遺伝資源 Plant Genetic Resources

Plant Genetic Resources
担当者: 中元康利
資源分類: 生物材料(DNA、細胞、蛋白質、細菌、ウイルス等)
概要:
植物遺伝資源として、作物の種子及び栄養体を保存している。2000年3月
現在の配布可能な品種等の種類は約11万点である。内訳は稲類23千点、
麦類34千点、豆類11千点、いも類3千点、雑穀・特用作物9千点、牧草・
飼料作物14千点、野菜9千点、その他果樹、花き・緑化植物、茶、桑、
熱帯・亜熱帯作物である。配布単位量は、牧草、野菜などの小粒種子が
1-2g、稲、麦などの中粒種子が5-10g、豆などの大粒種子が15-50粒
である。上記遺伝資源の品種名、原産地などの来歴情報及び特性情報は
インターネットで公開されており(http://www.gene.affrc.go.jp)
利用できる。
【資源属性】
3)ハードウエア他
実験,育種用材料
利用手続きと方法:
・利用手続き
農業生物資源研究所長宛「試験研究用植物遺伝資源配布申請書」を提出
する。
・利用料金
国立関係機関は無料。公立民間機関及び私人は原則として有料、各作物
毎に定められた配布1単位量につき 5,700円。
但し、国立関係機関との共同研究を行う場合には無料で利用できる
場合がある。
・利用者の資格
制限なし
・利用上の制約
試験研究用に限る。

前のページに戻る