資源
J-GLOBAL ID:201110006231305512   研究資源コード:5000000705 更新日:2005年01月27日

遺伝子機能解析システム

保有機関:
担当者: 竹上 勉
資源分類: 実験機器、施設等
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  実験病理学 ,  ウイルス学 ,  消化器内科学
概要:
遺伝子の構造および機能解析、さらに蛋白質の精製および
機能解析に有用である。
特にジェネチックアナライザーは遺伝子異常、変異を簡便に
検出することが可能な装置である。
(1)ジェネチックアナライザー(DNAシークエンサー、
ABI prism310)
(2)シークエンスディテクター(定量的PCR装置、ABI7700)
(3)生体分子精製システム(AKTA、Pharmacia)
利用環境と条件:
研究業務の遂行に支障のないこと。
利用手続きと方法:
詳細は担当者まで問い合わせること。

前のページに戻る