資源
J-GLOBAL ID:201110007968513066   研究資源コード:5000000512 更新日:2004年11月05日

循環型社会の構築に向けて(住民からの電力供給によるカーシュアリングシステムの導入に向けて)

A Car-sharing System Utilizing Power Supplied by Residents.
保有機関:
担当者: 與口 修
資源分類: その他
研究分野 (1件): 環境影響評価・環境政策
概要:
京都市都心部での電気自動車によるカーシェアリング導入に向け、
祇園祭の山鉾の管理運営モデルを参考にし、住民が電源供給を
行う循環性の高いシステムモデルを提案。さらにアンケート結果
に基づきシミュレーションを実施。「“脱マイカー”と地域
コミュニティ強化の実現」に向けて提言を行った。
研究領域: 資源循環・サイクル
利用手続きと方法:
NIRA(総合研究開発機構)に購入を申し込む。

前のページに戻る