資源
J-GLOBAL ID:201110012294313540   研究資源コード:5000002325 更新日:2007年11月14日

中性子科学研究施設

Neutron Science Facility
保有機関:
担当者: 重田 彰
資源分類: 実験機器、施設等
研究分野 (1件): 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
概要:
中性子科学研究施設(KENS)は、高エネルギー加速器研究機構の中性子
中間子科学研究施設(NML)に属しています。中性子中間子科学研究施設
は、500MeVに加速された陽子ビームの多目的利用を実現している施設で、
中性子科学研究施設と中間子科学研究施設(MSL)から構成されています。
中性子科学研究施設ではパルス中性子を用いて、基礎物理学、物性科学、
生物科学、高分子化学にわたる広い範囲の研究を行っており、中間子科学
研究施設ではミュオンビームによる基礎物理学および物性科学の研究を
行っています。
ブースターシンクロトロンにより加速された陽子は12GeV陽子シンクロトロン
に入射し、東・北カウンターホールでの物理実験に用いられます。また
北カウンターホールを経て、岐阜県神岡町にあるスパー・カミオカンデに
むけてニュートリノを入射する実験も進行中です。
研究領域: 加速器

前のページに戻る