資源
J-GLOBAL ID:201110020349475784   研究資源コード:5000001271 更新日:2003年11月21日

マグダス環太平洋地磁気ネットワークデータベース

MAGnetic Data Acqusition System/Cirucum-pan Pacific Magnetometer Network Data
保有機関:
担当者: 湯元 清文
資源分類: 環境データ(気象、宇宙、地質、海洋など)
研究分野 (1件): 超高層物理学
概要:
210°磁気子午線沿いの東アジア、太平洋域、ミクロネシア諸島、
並びに、磁気赤道沿いの経度の離れた、アフリカ、南アメリカ
諸国の地域の計50のCPMN観測点で取得される地球磁場微少変動
の1秒サンプリングの高時間分解能データを、新たなマグダス
環太平洋地磁気ネットワーク(MAGDFAS/CPMN)データとして
2003年から2008年の間に取得される地磁気変動のデータ3成分
についてデータベースを作成する。データベースは地磁気3成分
の1秒値、1分値並びに世界時刻、観測地名、感度等を編集し収
録したもので、英数字のレコードとサマリープロットの画像情報
からなっている。
利用手続きと方法:
データ利用者は以下の利用規定を尊守すること。1地球電磁気学、
固体地球物理学及び太陽地球系科学を専門にする研究者、並びに
マグダス環太平洋地磁気ネットワークデータベース作成委員会で
認められた者や機関は、本データベースを利用できる。2マグダ
ス環太平洋地磁気ネットワークデータが本質的である研究
成果を発表する場合は、必ずデータベース作成委員会の了解を得
るとともに、環太平洋地磁気ネットワークデータの取得者並びに
作成者に対して共著の機会を与え、文部科学省科学研究費補助金
(研究成果公開発促進費)と関係者への謝辞を明記する。3環太
平洋地磁気ネットワークデータを参考程度に使用し発表する場合
には、関係者への謝辞を明記し、且つ、次の研究論文を必ず引用
すること。
Yumoto, K., and the 210°MM Magnetic Observation
Group, The STEP 210。magnetic meridian network
project,J. Geomag, Geoelectr., 48, 1297-1310., 1996
Tachihara, H.,M. Shinohara, et.al., Magnetometer
System for Studies of the Equatorial Electrojet and
Micropulsations in Equatorial Regions,J.Geomag.
Geoelectr.,48,1311-1320.,1996
Yumoto,K.and the CPMN Group, Charcteristics of
Pi 2 magnetic pulsations observed at the CPMN
stations: A review of the STEP results, Earth
Planets Space, 53,981-992,2001.
4但し、1秒値については、時刻補正や感度補正を作成委員会
と確認した上でないと、その解析結果を公表することを禁ずる。

前のページに戻る