資源
J-GLOBAL ID:201110023433174470   研究資源コード:5000002745 更新日:2003年12月15日

大型高温衝撃風洞

High Enthalpy Shock Tunnel
保有機関:
担当者: 伊藤 勝宏
資源分類: 実験機器、施設等
概要:
主要目的:HOPEおよびスクラムジェット試験
性能:
圧縮管 長さ;42m 内径;600mm
衝撃波管 長さ;17m 内径;180mm
空気2次貯気槽 容量;7.7m3
ピストン質量 300-720kg
ノズル 出口径;1200mm
スロート径;24-50mm
試験気流淀み点エンタルピ 最大25MJ/kg
試験気流淀み点圧力 最大150MPa
試験気流持続時間 2msec以上
ピストン作動空気圧力 最大20MPa
駆動気体 ヘリウム、ヘリウム+アルゴン
駆動気体圧力 最大150MPa
駆動気体温度 最大4000k
駆動気体作動時間 2msec以上
隔膜破断圧力 最大150MPa
データ収録システム: 250チャンネル
最高サンプリング周波数 1MHz
光学計測装置: シュリーレン装置
二重露光ホログラフィー干渉計
完成年月: 平成11年3月
利用環境と条件:
供試体一式
利用手続きと方法:
・利用手続き
詳細は、企画業務係まで問い合わせのこと。
・利用料金
科学技術庁の定める受託研究費等算定基準に定めるところによる
・利用者の資格
なし
・利用上の制約
国の行政機関でないものによる使用は、航空技術及び宇宙科学技術の
向上を図るため特に必要があると認められる場合に限る。

前のページに戻る