資源
J-GLOBAL ID:201110024716325056   研究資源コード:5000000393 更新日:2004年11月22日

系統間三元交雑SPF豚のタンパク質(アミノ酸)要求量の解明

Determination of Amino Acid Requirements for Line Crossbreeding SPF Pigs.
保有機関:
担当者: 知久 幹夫
資源分類: 文献データ・データベース(書誌、抄録、全文)
概要:
系統間三元交雑SPF豚を用い、飼料中のリジンレベルと増体量、
飼料要求率および血漿中尿素窒素濃度の関係によりリジン要求量を
検討し次の結果を得た。
1.飼料中リジン含量としてのリジン要求量は、肥育前期の去勢豚
で0.78%、雌豚で0.82%、肥育後期の去勢豚で0.64%、雌豚で
0.67%であった。
2.1日当たりの可消化リジン要求量は、肥育前期の去勢豚で17.4g、
雌豚で16.3g、肥育後期の去勢豚で16.7g、雌で15.2gであった。
3.増体1kg当たり可消化リジン要求量は、肥育前期の去勢豚で
17.9g、雌豚で18.4g、肥育後期の去勢豚で17.7g、雌で16.9gで
あった。

前のページに戻る