資源
J-GLOBAL ID:201110031394405560   研究資源コード:5000002708 更新日:2004年11月01日

2m×2m遷音速風洞

2m×2m Transonic wind tunnel
保有機関:
担当者: 浜本 滋
資源分類: 実験機器、施設等
概要:
遷音速風洞
主要目的:遷音速における空気力学の研究ならびに航空機、
飛翔体の開発試験
性能:測定部寸法 2m × 2m
主送風機動力 22,500kW
マッハ数 0.1〜1.4
補助送風機動力 8,000kW
風洞内圧 9.8〜245kPa(0.1〜2.5kg/cm2 abs)
測定部カート 多孔壁全機模型用、多孔壁半裁模型用、
多溝壁全機模型用
圧縮機 530kW × 1、1,200kW × 1、
3,450kW × 1(吹出式風洞と共用)
貯気槽 内径 12m × 1、
内径 13m × 1(吹出式風洞と共用)
完成年度:昭和35年度
昭和51年度(12m貯気槽)
昭和55年度(3,450kW圧縮機)
昭和62年度(送風機駆動電動機および排風機更新)
昭和63年度(13m貯気槽、1,200kW圧縮機更新)
平成元年度 (530kW圧縮機新設)
平成4年度 (補助送風機設備更新)
平成6年度 (冷却水設備更新)
利用環境と条件:
風洞試験用模型、特殊試験機材
利用手続きと方法:
当機構ホームページを参照のこと。

前のページに戻る