資源
J-GLOBAL ID:201110043447901864   研究資源コード:1000001784 更新日:2010年02月17日

ドイツ民法成立史コレクション

Geschichte des Burgeriches Gesetzbuch
保有機関:
担当者: 栗山義久
資源分類: 貴重書コレクション
研究分野 (1件): 民事法学
概要:
ドイツ民法成立史コレクション
ドイツゲッティンゲン大学のミヒャエリス民法教授(Michaelis,Karl,1900-
)の旧蔵書約500タイトル、750冊。内容的には、1)民法の成文化についての資
料、2)パンデクテン法学とドイツ民法の発展に関する文献、3)13世紀から18世紀
までのローマ法・ゲルマン法の文献、という3部に大別できる。1)の資料とし、
プロイセン、バイエルン、オーストリア各地で起草された民法典や、ドイツ民法
の2つの草案および1896年のオリジナル版を含み、2)として、サヴィニー
(Savigny, Friedrich Karl von, 1779-1861)やティボー(Thibaut,
Anton Friedrich Justus, 1772-1840)などの代表的な民法学者の重要テキ
ストや専攻論文のオリジナル版を収録している。更に3)として、アクルシウス
(Accursius,Glossator, ca.1182-ca.1260)の注釈による「ローマ法大全」
(Corpus Juris Civilis)や12世紀から13世紀の「教令集」
(Decretalen)、成文法への橋渡し役になったとされるドイツ語の古い散文で
ある「ザクセンシュピーゲル」(Sachsenspiegel)等があり、ドイツ民法の歴
史的発展を辿ることができる。
利用環境と条件:
図書館
利用手続きと方法:
本学図書館利用規程による

前のページに戻る