資源
J-GLOBAL ID:201110071121385649   研究資源コード:5000000044 更新日:2002年12月13日

ラムジェットエンジン試験設備

Ramjet Engine Test Facility
保有機関:
担当者: 三谷 徹
資源分類: 実験機器、施設等
概要:
主要目的:スクラムジェットエンジンの要素性能および全体性能
試験
性能:設備ノズル出口寸法 51cm x 51cm 自由噴流
最大レイノルズ数 約5 x 106(基準長510mm)
(i) 飛行マッハ8条件 蓄熱帯加熱と燃焼加熱との併用
ノズル出口マッハ数 6.7
高度 35km
静温/静圧 237K/575Pa
総温/総圧 2560K/10.3MPa
空気流量 7.92kg/s
最大試験時間 30秒
(ii) 飛行マッハ6条件 蓄熱体加熱あるいは燃焼加熱
ノズル出口マッハ数 5.3
模擬高度 25km
静温/静圧 222K/2.6kPa
総温/総圧 1600K/5MPa
空気流量 29kg/s
最大試験時間 60秒
(iii)飛行マッハ4条件 蓄熱体加熱
ノズル出口マッハ数 3.4
模擬高度 20km
静温/静圧 217K/5.5kPa
総温/総圧 884K/0.87MPa
空気流量 42kg/s
最大試験時間 60秒
計測項目:
力計測:推力(最大9kN)、揚力(最大22kN)
およびピッチングモーメント
圧力:230チャンネル
温度:60チャンネル
周波数:5チャンネル
500mmシュリーレン等
完成年度 平成5年度
利用環境と条件:
供試体一式
利用手続きと方法:
・利用手続き
詳細は、企画室業務係まで問い合わせのこと
・利用料金
科学技術庁の定める受託研究費等算定基準に定めるところに
よる
・利用者の資格
なし
・利用上の制約
国の行政機関でないものによる使用は、航空技術および宇宙科学
技術の向上を図るため特に必要があると認めれる場合に限る。

前のページに戻る