資源
J-GLOBAL ID:201110080494878903   研究資源コード:5000000298 更新日:2003年12月15日

既存化学物質の生分解性・蓄積性データ

Biodegradation and Bioaccumulation Data of Existing Chemicals
保有機関:
担当者: 高月 峰夫
資源分類: ファクトデータ・データベース
概要:
化学物質のリスクを評価するためには、ハザード情報のみならず、ヒト
や環境への暴露を把握することが不可欠であり、化学物質の環境中での
分解性や生物への蓄積性を評価することが重要となります。
当機構では化学物質の生分解性及び蓄積性試験を長年にわたり実施して
まいりました。その成果をインターネット上で無料で利用することがで
きます。
利用環境と条件:
インターネットにより利用可能。

前のページに戻る