資源
J-GLOBAL ID:201110082548804954   研究資源コード:5000000363 更新日:2001年11月01日

微生物遺伝資源

Genetic Resources of Microorganisms
保有機関:
担当者: 笠井 文絵
資源分類: 生物材料(DNA、細胞、蛋白質、細菌、ウイルス等)
概要:
微生物遺伝資源として微細藻類および原生動物を保存している。
平成12年11月現在の保有株数は微細藻類約1000株、原生動物2株である。
これらの資源のリスト「NIES-Collection List of Strains, 6th Edition
2000 Microalgae and Protozoa」が2000年3月に発行されている。
リストには分譲可能な842株の履歴、特色等が掲載されている。内訳は、
シアノバクテリア126株、灰色藻4株、紅藻4株、クリプト藻36株、黄金色
藻6株、ラフィド藻37株、珪藻44株、褐藻1株、黄緑色藻2株、ハプト藻8株、
渦鞭毛藻61株、ユーグレナ藻7株、クロララクニオン藻1株、プラシノ藻18株、
緑藻(狭義)233株、トレボキシア藻10株、車軸藻(広義)158株、アオサ藻
3株、現時点で所属不明株4株である。環境汚染の原因藻類、環境指標藻類など
環境問題に関連する藻類を主体とし、その他藻類の各分類群に及んでいる。
分譲は、(独)国立環境研究所微生物系統保存施設へ直接お申込み下さい。
利用環境と条件:
研究資源の種別に応じた機器、技術が必要。
利用手続きと方法:
保存株リスト、分譲については利用方法参照。
1株非営利団体 6000円、営利団体 10000円+消費税+郵送料、小中学校 無料
株の寄託について:寄託依頼書を、微生物保存施設に送付。微生物株評価委員会
の審査の後受理する。

前のページに戻る