資源
J-GLOBAL ID:201110090889667575   研究資源コード:5000002714 更新日:2003年12月10日

ロボット式超音波探傷装置

Robotic ultrasonic scanning NDE system
保有機関:
担当者: 石川 隆司
資源分類: 実験機器、施設等
概要:
主要目的:大型・中型複合材構造物の層間剥離を中心とした
損傷の検出。
性能:有効探傷範囲 4000mm×2000mm×1000mm
および 探傷器 マルチチャンネル探傷器;WIND
(最大6CH)
構成 高周波探傷器 HIS-2(最高80MHz)
探傷方法 局部水浸反射法、全没水浸反射法
透過法、距離振幅補償回路を装備
位置精度 0.1mm以下
探傷精度 20mm板厚までの板においてS/N比10dBで
グラファイト200mm厚板探傷可能
3×3mmの損傷発見可能
製作業者 日本クラウトクレーマー株式会社
完成年度:平成元年度
ロボット式超音波探傷装置(サンプル参照)
【資源属性】
3)ハードウェア他
(1)日本クラウトクレーマー(株)
(2)複合材複雑構造物の超音波探傷
(3)4m×2m×1m、精度 0.1mm
(4)平成2年度、平成13年度改造
利用手続きと方法:
・利用手続き
詳細は、技術研究協力課成果利用促進係まで問い合わせのこと
・利用料金
JAXAの定める受託研究費等算定基準に定めるところによる
・利用上の制約
航空宇宙分野に限る

前のページに戻る