資源
J-GLOBAL ID:201110092583419708   研究資源コード:6000000169 更新日:2010年03月09日

環境制御型構造物部材試験評価システム

保有機関:
担当者: 日本大学生産工学部 土木工学科 越川茂雄
資源分類: 実験機器、施設等
研究分野 (1件): 生産工学・加工学
概要:
環境制御下で繰返し載荷したコンクリートの体ひび割れ発生の根源的原因
である細骨材とセメントペースト界面の応力集中によるセメント硬化体組
織の間隙率(ポロシチー)変化を正確に測定し、曲げひび割れ発生までの
期間を予測し、耐久性照査の一つの方法論を検討する。

前のページに戻る