研究者
J-GLOBAL ID:201201000125191910   更新日: 2020年08月25日

武田 和永

タケダ カズヒサ | Takeda Kazuhisa
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.ycusurg2.jp/
研究分野 (1件): 消化器外科学
研究キーワード (1件): 肝切除・肝移植後敗血症
論文 (3件):
MISC (2件):
  • Shinsuke Suzuki, Yasushi Ichikawa, Kazuya Nakagawa, Takafumi Kumamoto, Ryutaro Mori, Ryusei Matsuyama, Kazuhisa Takeda, Mitsuyoshi Ota, Kuniya Tanaka, Tomohiko Tamura, et al. High infiltration of mast cells positive to tryptase predicts worse outcome following resection of colorectal liver metastases. BMC CANCER. 2015. 15
  • Kazuya Nakagawa, Kuniya Tanaka, Yuki Homma, Kazunori Nojiri, Takafumi Kumamoto, Kazuhisa Takeda, Itaru Endo. Low Infiltration of Peritumoral Regulatory T Cells Predicts Worse Outcome Following Resection of Colorectal Liver Metastases. ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2015. 22. 1. 180-186
学位 (1件):
  • 博士(医学) (横浜市立大学)
経歴 (1件):
  • 横浜市立大学 医学部医学科 消化器・腫瘍外科学 講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る