研究者
J-GLOBAL ID:201201000364835934   更新日: 2021年08月26日

安田 仁奈

Yasuda Nina | Yasuda Nina
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (5件): 海洋分子生態学 ,  初期生態 ,  幼生分散 ,  保全遺伝学 ,  サンゴ礁生態系
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 白化に強いユビエダハマサンゴ群落は頑健か?脆弱か?-生物学と地質学からの検証-
  • 2018 - 2021 チリ沿岸に貝毒原因藻と薬剤耐性菌はいつ出現し、どう分布を拡大させたのか?
  • 2017 - 2021 集団ゲノムから探るインド・太平洋サンゴ礁生物の種分化と幼生分散
  • 2016 - 2020 サンゴ礁回復の鍵となるトワイライトゾーン:異なる水深間のサンゴ連結性と環境適応
  • 2013 - 2016 大量発生予察に向けたオニヒトデ集団の広域受精遺伝子解析
全件表示
論文 (60件):
  • Akira Iguchi, Ipputa Tada, Atsushi J. Nagano, Nina Yasuda. Genetic structure of Pacific crown-of-thorns starfish (Acanthaster cf. solaris) in southern Japan based on genome-wide RADseq analysis. Coral Reefs. 2021. 40. 4. 1379-1385
  • Daniel Frikli Mokodongan, Hiroki Taninaka, La Sara, Taisei Kikuchi, Hideaki Yuasa, Yoshihisa Suyama, Nina Yasuda. Spatial Autocorrelation Analysis Using MIG-seq Data Indirectly Estimated the Gamete and Larval Dispersal Range of the Blue Coral, Heliopora coerulea, Within Reefs. Frontiers in Marine Science. 2021. 8
  • Nina Yasuda, Yuko F. Kitano, Hiroki Taninaka, Satoshi Nagai, Takuma Mezaki, Hiroshi Yamashita. Genetic Structure of the Goniopora lobata and G. djiboutiensis Species Complex Is Better Explained by Oceanography Than by Morphological Characteristics. Frontiers in Marine Science. 2021. 8. 0
  • Kenji Takata, Fumihito Iwase, Akira Iguchi, Hideaki Yuasa, Hiroki Taninaka, Nozomu Iwasaki, Kouji Uda, Tomohiko Suzuki, Masanori Nonaka, Taisei Kikuchi, et al. Genome-Wide SNP Data Revealed Notable Spatial Genetic Structure in the Deep-Sea Precious Coral Corallium japonicum. Frontiers in Marine Science. 2021. 8
  • Mizuki Horoiwa, Ixchel F. Mandagi, Nobu Sutra, Javier Montenegro, Fadly Y. Tantu, Kawilarang W.A. Masengi, Atsushi J. Nagano, Junko Kusumi, Nina Yasuda, Kazunori Yamahira. Mitochondrial introgression by ancient admixture between two distant lacustrine fishes in Sulawesi Island. PLoS ONE. 2021. 16. 6 June
もっと見る
MISC (62件):
  • 鎌田真壽, 志村晶史, 北野裕子, 井口亮, 長井敏, 清水庄太, 安田仁奈. 北上・分布拡大するサンゴ2種の遺伝構造および褐虫藻組成の比較. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2021. 68th
  • 磯村尚子, 伊野波佳介, 菊地泰生, 安田仁奈, 深見裕伸. ミドリイシ属サンゴ集団における同調産卵と遺伝的構造の関係. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2021. 68th
  • 湯浅英知, 中村優太, 小林史弥, 安田仁奈, 梶谷嶺, 伊藤武彦. オニヒトデ属(Acanthaster spp.)の比較ゲノム解析. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2020. 67th
  • 安田仁奈. 棘皮動物学の最前線(2)オニヒトデの大量発生と幼生の分散. 海洋と生物. 2020. 42. 4
  • 袰岩美月, 飴田洋祐, 佐々木哲朗, 中村隆志, 菊地泰生, 湯淺英知, 谷中絢貴, 安田仁奈. 小笠原と琉球列島・日本本土のオニヒトデ集団の遺伝構造の解明. DNA多型. 2020. 28. 1
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2008 東京工業大学 情報環境学専攻
  • 2003 - 2005 東京工業大学 情報環境学専攻
  • 1999 - 2003 早稲田大学 応用科学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
受賞 (10件):
  • 2019/12 - 種生物学会 種生物学会ポスター賞
  • 2019/11 - 日本DNA多型学会 日本DNA多型学会若手研究賞
  • 2017 - 日本サンゴ礁学会 川口奨励賞 サンゴ礁無脊椎動物の初期生態と集団進化に関する研究
  • 2016 - 日本 DNA多型学会 優秀研究賞 外来種のタイワンシジミは在来種のマシジミを絶滅の危機に追いやっているのか?
  • 2015 - 九州・沖縄女性研究者支援シンポジウム@鹿児島大学 優秀ポスター賞 サンゴ礁生態系の初期生態と保全に関する研究
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る