研究者
J-GLOBAL ID:201201001658253930   更新日: 2021年10月05日

井谷 修

イタニ オサム | Itani Osamu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 医療管理学、医療系社会学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
研究キーワード (7件): リアルワールドデータ ,  医療管理 ,  情報処理 ,  疫学 ,  休養 ,  睡眠 ,  公衆衛生
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2021 - 2026 在宅勤務者のための睡眠・精神的健康増進プログラム開発とその有効性に関する疫学研究
  • 2021 - 2023 適切な睡眠・休養促進に寄与する「新・健康づくりのための睡眠指針」と連動した行動・習慣改善ツール開発及び環境整備
  • 2020 - 2023 喫煙、飲酒等生活習慣の実態把握及び生活習慣の改善に向けた研究
  • 2019 - 2023 インターネットやスマートフォンの適切使用に関する保健教育と介入効果に関する研究
  • 2018 - 2022 労働者の休養が心身の健康に与える影響についての総合的疫学研究
全件表示
論文 (56件):
  • The association between internet usage and sleep problems among Japanese adolescents: three repeated cross-sectional studies. Sleep. 2021
  • Itani O, Kaneita Y, Otsuka Y, Tokiya M, Jike M, Matsumoto Y, Nakagome S, Kinoshita Y. A cross-sectional epidemiological study of the relationship between sleep duration, quality, and rhythm and presenteeism in workers. Sleep and Biological Rhythms. 2021
  • Kinoshita Y, Itani O, Otsuka Y, Matsumoto Y, Nakagome S, Kaneita Y. A Nationwide Cohort Study of Parasomnias Among Adolescents. Journal of Clinical Psychiatry. 2021. 82. 4. 20m13648
  • 兼板佳孝, 今村聡, 羽鳥裕, 井谷修, 大塚雄一郎, 松本悠貴. 2020年日本医師会員の喫煙習慣と喫煙に対する意識と態度に関する調査. 日本医師会雑誌. 2021. 150. 4. 690-696
  • 45.Matsumoto Y, Kaneita Y, Jike M, Osaki Y, Kanda H, Higuchi S, Itani O, Otsuka Y. Clarification of the Factors Associated With “Early to Bed, Early to Rise, and Don’t Forget Your Breakfast” Among Japanese Adolescents. Sleep and Biological Rhythms. 2021. 19. 3. 325-336
もっと見る
MISC (2件):
  • 木下優, 井谷修. XII. 各科領域・疾患における睡眠障害 11. インターネット・産業現場における睡眠の問題. 最新臨床睡眠学(第2版)-睡眠障害の基礎と臨床-. 2020. 78. 6. 631-635
  • 井谷修. 特論 15. インターネット・ゲーム依存と睡眠. 最新臨床睡眠学(第2版)-睡眠障害の基礎と臨床-. 2020. 78. 6. 760-764
書籍 (8件):
  • 図説国民衛生の動向2020/2021
    厚生労働統計協会 2020 ISBN:9784875118305
  • 図説国民衛生の動向2019/2020
    厚生労働統計協会 2019 ISBN:9784875118046
  • 睡眠(ねむり)のなぜ?に答える本 もっと知ろう!やってみよう!!快眠のための12ポイント
    ライフ・サイエンス 2019 ISBN:9784898016435
  • 図説国民衛生の動向2018/2019
    厚生労働統計協会 2018 ISBN:9784875117773
  • 環境による健康リスク (日本医師会生涯教育シリーズ)
    日本医師会 2017 ISBN:9784787823076
もっと見る
講演・口頭発表等 (105件):
  • シンポジウム「スマホ・ネット・ゲーム依存対策の社会的協同~学術知見から実地臨床まで~」
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • e スポーツの現状について~公衆衛生学の立場より~(シンポジウム: スマホ・ネット・ゲーム依存対策の社会的協同~学術知見から実地臨床まで~)
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • 産業保健の現場における減酒支援ブリーフインターベンションの効果検証に関する研究.
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • 日本語版思春期ストレス質問票の信頼性・妥当性の検討
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • 日本の中高生における「早寝早起き朝ごはん」の関連因子の調査.
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2011 日本大学 社会医学系公衆衛生学
  • 2006 - 2011 日本大学 社会医学系公衆衛生学
  • 1991 - 1998 愛媛大学 医学科
経歴 (9件):
  • 2018/01 - 現在 日本大学医学部 社会医学系公衆衛生学分野 准教授
  • 2018/09 - 2020/12 国立研究開発法人国立国際医療研究センター 医療情報管理部門 客員研究員
  • 2015/04 - 2017/12 大分大学医学部 公衆衛生・疫学講座 准教授
  • 2013/04 - 2015/03 日本大学医学部 社会医学系公衆衛生学分野 助教
  • 2011/06 - 2013/03 日本大学医学部 社会医学系公衆衛生学分野 助手
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2018/06 - 現在 板橋区健康づくり推進協議会 委員
  • 2015/07 - 現在 日本睡眠学会 評議員
  • 2011/07 - 2017/06 日本公衆衛生学会 評議員
所属学会 (12件):
日本臨床疫学会 ,  医療の質・安全学会 ,  日本医療情報学会 ,  日本医療・病院管理学会 ,  日本疫学会 ,  日本睡眠学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本消化器がん検診学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本人間ドック学会 ,  日本総合健医学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る