研究者
J-GLOBAL ID:201201001967295957   更新日: 2020年10月17日

高橋 謙造

Takahashi Kenzo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (3件): 感染症疫学 ,  親子保健(母子保健学) ,  国際保健学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2012 - 2014 国連ミレニアム開発目標の達成に関する研究
  • 2005 - 2008 複数データベースを統合活用した感染症の宿主要因及び環境要因の総合的疫学研究
  • 2004 - 2006 ラオスなどの途上国における予防接種の問題に関する研究
論文 (72件):
  • Kenzo Takahashi, Takashi Eto. From historical experiences to global outcome: Lessons learned from school health in Japan. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2020. 62. 9. 1017-1018
  • Tetsuya Tanimoto, Kenzo Takahashi, Andy Crump. Legionellosis in Japan: A Self-inflicted Wound?. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Tomohiko Sato, Kenzo Takahashi, Tetsunori Tasaki. Transfusion Timing and Volume in African Children with Severe Anemia. The New England journal of medicine. 2019. 381. 17. 1686-1687
  • Yuto Maeda, Kenzo Takahashi, Kana Yamamoto, Tetsuya Tanimoto, Masahiro Kami, Andy Crump. Factors affecting the provision of analgesia during childbirth, Japan. Bulletin of the World Health Organization. 2019. 97. 9. 631-636
  • Kenji Tsuda, Tetsuya Tanimoto, Kazutaka Hosoda, Miki Suzuki, Tamaki Morohashi, Aika Watanabe, Kenzo Takahashi, Kaduki Kouno, Tamae Hamaki, Mutsuko Ohnishi, et al. Demographic and geographical characteristics of pediatric patients presenting to a convenient clinic at a large railway station in a metropolitan area of Tokyo. Medicine. 2019. 98. 33. e16818
もっと見る
MISC (91件):
書籍 (6件):
  • エキスパートが疑問に答えるワクチン診療入門
    金芳堂 2020 ISBN:9784765318259
  • 国際協力用語集【第4版】
    国際開発ジャーナル社 2014
  • 国際保健医療のお仕事 改定第2版
    南山堂 2007
  • 医学英語論文の読み方
    浅倉書店 2005
  • 国際保健・看護
    弘文堂 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • ラオス国政府統計個票データを使った出生登録と世帯要因の分析
    (日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集 2015)
  • 小児気管支喘息における吸入ステロイド薬の相対効果比較:ベイジアン・ネットワークメタアナリシスを用いた解析(学会主導研究中間報告)
    (日本小児アレルギー学会誌 2015)
  • Household level characteristics of birth registration in Lao PDR: Implications from The Lao Social Indicator Survey 2011-12.
    (日本国際保健医療学会学術集会 2015.11.21 金沢 2015)
  • Educational Changes in graduate schools of public health in Japan: Toward outcome-based education focusing on core competencies.
    (The 46th Asia Pacific Consortium for Public Health, Kuala Lumpur 2014)
  • Fostering Change Agent with innovative education system, the challenge at Teikyo School of Public Health.
    (The 46th Asia Pacific Consortium for Public Health, Kuala Lumpur 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2007 東京大学 小児科学専攻(医学博士)
  • 1997 - 1999 東京大学 国際保健計画学(国際保健学修士)
  • 1988 - 1994 東京大学 医学科
学位 (2件):
  • 国際保健学修士 (東京大学)
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2018/10 - 現在 帝京大学 公衆衛生学研究科 教授
  • 2014/04 - 2018/09 帝京大学 大学院公衆衛生学研究科 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 横浜市立大学 医学部 社会予防医学教室 講師
  • 2011/09 - 2012/03 国際医療福祉大学 臨床医学研究センター山王病院 臨床准教授
  • 2008/12 - 2011/08 国立国際医療センター 国際医療協力局派遣協力課 医師
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2019/09 - 現在 日本国際小児保健学会JICHA 副代表
  • 2019/04 - 現在 帝京大学 医学部附属病院労働衛生委員会委員
  • 2019/04 - 現在 大学基準協会 公衆衛生系専門職大学院認証評価委員会委員
  • 2018/12 - 現在 日本国際保健医療学会 常任理事
  • 2018/12 - 現在 日本国際保健医療学会 学会誌「国際保健医療」編集委員会委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 川野小児医学奨学財団 小児医学川野賞 予防接種に関する疫学的・政策学的分析〜日本から発信すべきメッセージ〜
所属学会 (4件):
国際小児保健研究会 ,  日本小児科学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本国際保健医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る