研究者
J-GLOBAL ID:201201005259949438   更新日: 2020年01月20日

星佳芳

ホシ ケイカ | Keika HOSHI
所属機関・部署:
職名: 上席主任研究官
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 北里大学医学部  衛生学   非常勤講師
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50237822.ja.html
研究分野 (3件): 公衆衛生学・健康科学 ,  衛生学 ,  外科系歯学
研究キーワード (10件): EBM ,  公衆衛生学 ,  ガイドライン ,  健康情報 ,  口腔保健 ,  情報デザイン ,  臨床研究 ,  禁煙 ,  歯科口腔外科 ,  Breath Odour
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2014 - 2019 運動器外傷診療の集約化による治療成績向上 と早期社会復帰を目指した探索的研究
  • 2016 - 2018 検診ガイドライン作成と検診提供体制の政策提言のための研究
  • 2014 - 2017 運動器外傷診療の質向上を目指した探索的研究~初療からリハビリテーション、社会復帰まで~
  • 2011 - 2012 1p36欠失症候群の実態把握と合併症診療ガイドライン作成
  • 2012 - 2012 母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究
全件表示
論文 (78件):
  • Shohei Yamamoto, Keika HOSHI et al. Efficacy of Exercise Therapy Initiated in the Early Phase After Kidney Transplantation: A Pilot Study. Journal of Renal Nutrition(in press). 2019
  • Yuta Suzuki, Ryota Matsuzawa, Kentaro Kamiya, Keika Hoshi, Manae Harada, Takaaki Watanabe, Takahiro Shimoda, Shohei Yamamoto, Yusuke Matsunaga, Atsushi Yoshida, Atsuhiko Matsunaga. Trajectory of Lean Body Mass Assessed Using the Modified Creatinine Index and Mortality in Hemodialysis Patients. American Journal of Kidney Diseases. Am J Kidney Dis. 2019 Sep 26. pii: S0272-6386(19)30859-5. doi: 10.1053/j.ajkd.2019.05.034. [Epub ahead of print]. 2019
  • 豊田章宏, 立道昌幸, 小島原典子, 星佳芳. 全国労災病院における破裂脳動脈瘤3,963例の部位・性差・年齢に関する検討. 脳卒中(in press). 2019
  • Hitoshi Ishikawa, Takeshi Kezuka, Keigo Shikishima, Akiko Yamagami, Miki Hiraoka, Hideki Chuman, Makoto Nakamura, Keika Hoshi, Toshiaki Goseki, Kimiyo Mashimo, Osamu Mimura, Takeshi Yoshitomi, Keiko Tanaka, Working Group on Diagnostic Criteria for Refractory Optic Neuritis Based on Neuroimmunological Perspective. Epidemiologic and Clinical Characteristics of Optic Neuritis in Japan. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2019.04.042. Ophthalmology. 2019. 126. 10. 1385-1398
  • 三上容司, 山本真一, 岡﨑裕司, 坂本哲也, 石井桂輔, 井口浩一, 星佳芳, 岡敬之. 第3期労災疾病等医学研究「運動器外傷機能再建に係る研究・開発、普及」研究報告書(労災疾病等医学研究・開発、普及事業)(平成26年度~平成30年度)領域名「労災疾病等の原因と診断・治療」, 研究開発テーマ「運動器外傷診療の集約化による治療成績向上と早期社会復帰を目指した探索的研究」. 独立行政法人労働者健康安全機構. 2019. p1-14
もっと見る
MISC (148件):
  • 星佳芳 翻訳、清原康介 監訳. Relapse prevention interventions for smoking cessation (禁煙に成功した人が再喫煙しないようにするために有効な介入はあるか?)【Plain language summary翻訳】. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.: CD003999. DOI: 10.1002/14651858.CD003999.pub6. 2019
  • 星佳芳 翻訳、清原康介 監訳. Motivational interviewing for smoking cessation. (動機づけ面接は禁煙に有効か?)【Plain language summary翻訳】. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 7. Art. No.: CD006936. DOI: 10.1002/14651858.CD006936.pub4. 2019
  • 星佳芳 翻訳、清原康介 監訳. Incentives for smoking cessation(報酬を与えることで禁煙に長期的効果があるか?)【Plain language summary翻訳】. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 7. Art. No.: CD004307.DOI: 10.1002/14651858.CD004307.pub6. 2019
  • 星佳芳 翻訳、足立雅利 監訳. Interventions for treating oral leukoplakia to prevent oral cancer(口腔癌(口のがん)を予防するための口腔白板症に対する治療的介入)【Plain language summary翻訳】. Cochrane Database of Systematic Reviews2016, Issue 7. Art. No.: CD001829. DOI: 10.1002/14651858.CD001829.pub4. 2019
  • 星佳芳 翻訳、清原康介 監訳. Different doses, durations and modes of delivery of nicotine replacement therapy for smoking cessation(最も禁煙効果が高いニコチン代替療法は何か?)【Plain language summary翻訳】. Cochrane Systematic Review - Intervention Version: 18 April 2019, https://doi.org/10.1002/14651858.CD013308. 2019
もっと見る
書籍 (10件):
  • The effect of tongue brushing or tooth paste application on oral malodour reduction.
    1996
  • Where Gastroenterology and Periodontology meet
    Leuven University Press 1996
  • 特集:歯科のための口臭臨床の指針
    the Quintessence 1999
  • 口臭ケア- 要介護者の快適な生活のために「口臭の原因は、口のなかにだけあるのでしょうか?」
    医歯薬出版株式会社 2003
  • EBM実践のための医学文献評価選定マニュアル
    ライフサイエンス出版株式会社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (83件):
  • 地域健康危機管理e-Learningプログラムの開発および評価に関する研究
    (第66回日本公衆衛生学会総会 2007)
  • 厚生労働科学研究における保健医療福祉ガイドライン等の作成状況と情報公開手法
    (第66回日本公衆衛生学会総会(愛媛)日本公衆衛生雑誌2007;54:243 2007)
  • 国立保健医療科学院「ガイド情報ライブラリー」におけるインターネット情報配信
    (第66回日本公衆衛生学会総会 2007)
  • 歯科保健行動と社会経済要因の関連 ネットリサーチを用いた全国調査
    (第66回日本公衆衛生学会総会 2007)
  • 健康危機対応における個人情報の利用と保護に関する研究
    (第66回日本公衆衛生学会総会 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1989 日本大学 松戸歯学部 歯学科
  • 1994 - 1996 ベルギー王国ルーヴァンカトリック大学大学院 歯学研究科 Dental Sciences 専攻
学位 (2件):
  • 医学博士 (東京女子医科大学)
  • 歯学修士 (Katholieke Universiteit Leuven)
経歴 (20件):
  • 1989/04 - 2001/04 東京女子医科大学 助手
  • 2002 - 2004 東京医科歯科大学大学院 医員
  • 2004/04 - 2005/12 (財)日本医療機能評価機構 事業調整課長
  • 2006/01 - 2008/12 厚生労働省国立保健医療科学院 情報デザイン室長/図書館サービス室長/口腔保健部(併任)
  • 2009/01 - 2009/02 北里大学医療系研究科(大学院)特別研究員
全件表示
委員歴 (23件):
  • 2019/01 - 現在 子宮頸がん検診エビデンスレポート 文献レビュー委員会 協力者
  • 2018/04 - 2018/12 北里大学 北里医学会評議員
  • 2017/04 - 2018/12 北里大学 医学図書館図書委員
  • 2016/04 - 2017/05 日本産業衛生学会関東地方会「科学的根拠に基づく産業保健における復職ガイダンス2017」作成グループ 委員
  • 2015/08 - 2018/12 子宮頸がん検診エビデンスレポート 文献レビュー委員会 委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 北里大学医学部 ベストティーチャー賞
  • 2015/03 - 北里大学医学部 ベストティーチャー賞
  • 2010/07 - 日本臨床環境医学会 第19回日本臨床環境医学会学術集会(東京)若手奨励賞 「シックハウス症候群の臨床分類における化学物質起因シックハウス症候群患者(2型)の発症前後の化学物質不耐症の変化(宮島江里子, 星佳芳, 角田正史, 宮田幹夫, 坂部貢, 相澤好治 他)」
  • 2005/10 - 日本口腔外科学会 第50回日本口腔外科学会総会・ポスター発表・ゴールドリボン賞 「麻痺性兎眼治療におけるgold implant 作成の経験(片岡利之, 菊池雄二, 星佳芳, 安藤智博, 扇内秀樹 他)」
所属学会 (12件):
日本衛生学会 ,  東京女子医科大学学会 ,  日本集団災害医学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本歯科薬物療法学会 ,  日本臨床環境医学会 ,  日本口腔衛生学会 ,  日本顎関節学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本疫学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本医療・病院管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る