研究者
J-GLOBAL ID:201201005548429868   更新日: 2021年10月26日

石塚 真由美

イシヅカ マユミ | Ishizuka Mayumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50332474.ja.html
研究分野 (14件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  応用分子細胞生物学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (30件): シトクロムP450 ,  環境化学物質 ,  エストロゲン ,  野生動物 ,  マイクロアレイ ,  アフリカ ,  ルシフェラーゼ ,  neonatal imprinting ,  レポーターアッセイ ,  アロマターゼ ,  レポーター ,  トランスジェニック ,  トキシコロジー ,  in vivoイメージング ,  ERE ,  インプリンティング ,  視床下部 ,  環境汚染 ,  ステロイドホルモン ,  環境ホルモン ,  ビスフェノールA ,  ダイオキシン受容体 ,  PPAR ,  フタル酸エステル ,  バイオマーカー ,  環境汚染物質 ,  ダイオキシン類 ,  CYP1A ,  海棲哺乳類 ,  ドブネズミ
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2021 - 2026 外来性の化学物質(xenobiotics)に対する哺乳類の適応進化/変化
  • 2019 - 2024 海鳥を標準デバイスとした海洋汚染リスクの広域マッピング法の開発
  • 2018 - 2022 アフリカにおける新興・再興の環境汚染のフィールドベースの毒性メカニズム解析
  • 2018 - 2022 mlAOPコンセプトによる化学物質感受性多様性評価と殺虫剤中毒解明に向けた応用
  • 2018 - 2020 「カクテル型」コンセプトによる「猛禽類対応型」新世代殺鼠剤の開発
全件表示
論文 (261件):
  • Jumpei Yamazaki, Haruya Toyomaki, Shouta M.M. Nakayama, John Yabe, Kaampwe Muzandu, Jaroslav Jelinek, Shoko Yokoyama, Yoshinori Ikenaka, Mitsuyoshi Takiguchi, Mayumi Ishizuka. Genome-wide DNA methylation analysis of dogs with high lead exposure living near a lead mining area in Kabwe, Zambia. Environmental Pollution. 2021. 286. 117229-117229
  • Haruya Toyomaki, John Yabe, Shouta M.M. Nakayama, Yared B. Yohannes, Kaampwe Muzandu, Tiza Mufune, Hokuto Nakata, Yoshinori Ikenaka, Takeshi Kuritani, Mitsuhiro Nakagawa, et al. Lead concentrations and isotope ratios in blood, breastmilk and feces: contribution of both lactation and soil/dust exposure to infants in a lead mining area, Kabwe, Zambia. Environmental Pollution. 2021. 286. 117456-117456
  • Noboru Sasaki, Thandar Oo, Yoshikazu Yasuda, Takahiro Ichise, Noriyuki Nagata, Nozomu Yokoyama, Kazuyoshi Sasaoka, Keitaro Morishita, Shouta Mm Nakayama, Mayumi Ishizuka, et al. Simultaneous steroids measurement in dogs with hyperadrenocorticism using a column-switching liquid chromatography-tandem mass spectrometry method. The Journal of veterinary medical science. 2021
  • Andrew Kataba, Shouta M M Nakayama, Yared Beyene Yohannes, Haruya Toyomaki, Hokuto Nakata, Yoshinori Ikenaka, Mayumi Ishizuka. Effects of zinc on tissue uptake and toxicity of lead in Sprague Dawley rat. The Journal of veterinary medical science. 2021
  • Hokuto Nakata, Harukazu Tohyama, Wakako Fujita, Shouta M.M. Nakayama, Mayumi Ishizuka, John Yabe, Nosiku S. Munyinda, Doreen Sakala, Kennedy Choongo, Shojiro Yamasaki, et al. The impact of elevated blood lead levels in children on maternal health-related quality of life. Chemosphere. 2021. 279. 130490-130490
もっと見る
MISC (349件):
  • Reiko Kishi, Atsuko Ikeda-Araki, Chihiro Miyashita, Sachiko Itoh, Sumitaka Kobayashi, Yu Ait Bamai, Keiko Yamazaki, Naomi Tamura, Machiko Minatoya, Rahel Mesfin Ketema, et al. Hokkaido birth cohort study on environment and children’s health: cohort profile 2021. Environmental Health and Preventive Medicine. 2021. 26. 1
  • NIMAKO Collins, IKENAKA Yoshinori, IKENAKA Yoshinori, OKAMATSU-OGURA Yuko, BARIUAN Jussiaea V., KOBAYASHI Atsushi, YAMAZAKI Ryo, TAIRA Kumiko, HOSHI Nobuhiko, HIRANO Tetsushi, et al. イミダクロプリドへの慢性低用量曝露はC57BL/6J雄マウスにおける高脂肪食媒介肝脂肪変性を高める. Journal of Veterinary Medical Science (Web). 2021. 83. 3
  • 石川啓史, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 坂東武治, 田村力, 小西健志, 大槻真友子, 三谷曜子. ヒゲ板中安定同位体比から推定するクロミンククジラ成熟雄の回遊生態. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
  • KHIDKHAN Kraisiri, MIZUKAWA Hazuki, MIZUKAWA Hazuki, IKENAKA Yoshinori, IKENAKA Yoshinori, NAKAYAMA Shouta M. M., NOMIYAMA Kei, YOKOYAMA Nozomu, ICHII Osamu, ICHII Osamu, et al. デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)の慢性曝露後のネコにおける肝チトクロームP450発現の変化. Journal of Veterinary Medical Science (Web). 2020. 82. 7
  • Mwilola Patricia N., Mukumbuta Ikabongo, Mukumbuta Ikabongo, Shitumbanuma Victor, Chishala Benson H., Uchida Yoshitaka, Nakata Hokuto, Nakayama Shouta, Ishizuka Mayumi. 有機および無機土壌改良に応答したザンビアのKabwe鉱山付近で成長したトウモロコシにおける鉛,亜鉛およびカドミウムの蓄積および関連する健康リスク【JST・京大機械翻訳】. International Journal of Environmental Research and Public Health (Web). 2020. 17. 23
もっと見る
書籍 (5件):
  • 獣医毒性学
    近代出版 2013 ISBN:9784874021927
  • 新獣医毒性学
    近代出版 2009 ISBN:9784874021552
  • 環境修復の科学と技術
    北海道大学出版会 2007 ISBN:4832981803
  • 環境修復の科学と技術
    北海道大学出版会 2007 ISBN:9784832981805
  • エストロゲンによる周生期脳インプリンティングを中心とした,固体レベルでの核内受容体シグナル検出系の確立に関する研究研究報告書 平成14年度 総括・分担
    [北海道大学大学院獣医学研究科] 2003
学位 (1件):
  • 獣医学博士 (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2011 - 2012 北海道大学 (連合)獣医学研究科 教授
委員歴 (5件):
  • - 現在 日本毒性学会 評議員
  • - 現在 食品安全委員会 専門委員(動物用医薬品、添加物)
  • - 現在 日本環境化学会 理事
  • - 現在 日本獣医学会 理事
  • - 現在 日本学術会議 会員
受賞 (6件):
  • 2020 - 日本環境化学会 学術賞
  • 2015 - ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞
  • 2015 - 北海道大学 研究総長賞(優秀賞)
  • 2009 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞 野生動物のシトクロムP450と汚染環境適応能力解明の研究
  • 2007 - 日本農学会 日本農学進歩賞 環境化学物質が野生動物に引き起こす毒性と適応
全件表示
所属学会 (5件):
日本野生動物医学会 ,  環境ホルモン学会 [正式名称;日本内分泌撹乱化学物質学会] ,  日本環境化学会 ,  日本獣医学会 ,  日本毒性学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る