研究者
J-GLOBAL ID:201201006952348118   更新日: 2021年09月23日

野村 淳

ノムラ ジュン | NOMURA Jun
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://nrid.nii.ac.jp/en/nrid/1000070406528/http://www.researchgate.net/profile/Jun_Nomura/
研究分野 (5件): 薬系衛生、生物化学 ,  分子生物学 ,  精神神経科学 ,  神経科学一般 ,  病態医化学
研究キーワード (11件): 統合失調症 ,  精神疾患 ,  発達障害 ,  自閉症 ,  染色体操作・染色体工学 ,  ゲノム編集 ,  幹細胞 ,  疾患モデル動物 ,  ジーンターゲティング ,  細胞分化 ,  腫瘍原性
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2024 脳内全細胞を対象とした自閉症・統合失調症の新規創薬ターゲットの同定
  • 2017 - 2020 ヒト型染色体改変マウスの薬理遺伝学的解析
  • 2016 - 2017 理研-経産省FS調査研究費
  • 2014 - 2017 Cellular and animal models of human CNV
  • 2014 - 2015 ヒト染色体異常に基づく染色体改変モデルマウスの統合的解析
全件表示
論文 (30件):
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • Multi-dimensional approach toward understanding of autism and neurodevelopmental disorders
    (60th Annual Meeting of The Japanese Society for Neurochemistry 2017)
  • Animal Model of Autism, Vulnerable Brain Area and Circuit
    (International Behavioral Neuroscience Society (IBNS) for the 26th Annual Meeting 2017)
  • Genome Editing Tools for Neurobiology
    (RIKEN Brain Science Institute Retreat 2014 2014)
  • DISC1 interacts with Serine racemase to modulate D-serine production in astrocytes
    (3rd Biennial Schizophrenia International Research Conference, Florence, Italy 2012)
  • D-serine production is modulated by DISC1 and Serine racemase interaction in astrocytes
    (11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry, 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry, Kobe, Japan. 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 北海道大学大学院
  • 1999 - 2001 立命館大学大学院
  • 1995 - 1999 立命館大学 環境システム工学科
学位 (1件):
  • 博士 (薬学)
経歴 (6件):
  • 2020/10 - 現在 神戸大学 医学部 助教
  • 2020/04 - 2020/09 神戸大学 医学部 特任助教
  • 2016/04 - 2020/03 国立研究開発法人理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
  • 2011 - 2016 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科 特任助教
  • 2008 - 2011 Johns Hopkins University School of Medicine Department of Psychiatry & Behavioral Sciences, USA, Postdoctoral fellow / Research fellow
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/01 - Takeda Science Foundation, The 10th Takeda Science Foundation International Symposium on PharmaSciences Excellent Poster Award
  • 2014 - RIKEN BSI Riken BSI Hot Topics 2014 Genome Editing Tools for Neurobiology
  • 2009 - International Congress on Schizophrenia Research (ICOSR), Young Investigator Program Award 2009, USA, A new cell model to study the mechanism of gene-environment interactions relevant to schizophrenia
  • 2007 - 財団法人 細胞科学研究財団 育成助成 精神疾患の神経発達学的研究 -Neurodevelopmental study of schizophrenia-
所属学会 (8件):
日本バイオインフォマティクス学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  International College of Neuropsychopharmacology ,  Society for Neuroscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る