研究者
J-GLOBAL ID:201201007585710383   更新日: 2024年07月01日

大石 明生

オオイシ アキオ | Oishi Akio
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50572955
研究分野 (1件): 眼科学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2022 - 2025 加齢黄斑変性の予後改善を目指した治療抵抗例の検討とGLP1刺激による新規治療開発
  • 2022 - 2025 数値流体力学を利用した網膜静脈閉塞リスク評価
  • 2019 - 2022 網羅的遺伝子解析を軸にした網膜色素変性の病態解明と新規治療法開発
  • 2019 - 2022 網膜色素上皮細胞の脂質プロファイルとドルーゼン形成メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 臨床的・ゲノム学的アプローチの融合による強度近視関連失明の総合的病態解明
全件表示
論文 (231件):
  • Yuki Otsuka, Keiko Imamura, Akio Oishi, Kazuhide Asakawa, Takayuki Kondo, Risako Nakai, Mika Suga, Ikuyo Inoue, Yukako Sagara, Kayoko Tsukita, et al. Phototoxicity avoidance is a potential therapeutic approach for retinal dystrophy caused by EYS dysfunction. JCI insight. 2024. 9. 8
  • Miki Takao, Akio Oishi, Toshimasa Shimizu, Yutaka Kuwatsuka, Takashi Kitaoka. Paracentral acute middle maculopathy in systemic sclerosis and subsequent branch retinal artery occlusion. American journal of ophthalmology case reports. 2023. 32. 101955-101955
  • 木戸 愛, 三宅 正裕, 田村 寛, 亀井 拓郎, 大塚 悠生, 沼 尚吾, 長谷川 智子, 宮田 学, 大石 明生, 池田 華子, et al. 本邦における網膜色素変性の疫学 全国規模レセプトデータベース研究. 眼科臨床紀要. 2023. 16. 10. 740-740
  • Yu Kawashima, Masayuki Hata, Masahiro Miyake, Mami Kusaka, Akio Oishi, Sotaro Ooto, Hiroshi Tamura, Manabu Miyata, Akihito Uji, Naoko Ueda-Arakawa, et al. MACULAR CHORIORETINAL ATROPHY AND VISUAL OUTCOMES IN RANIBIZUMAB- OR AFLIBERCEPT-TREATED MYOPIC CHOROIDAL NEOVASCULARIZATION. Retina (Philadelphia, Pa.). 2023
  • 阪田 凌, 宮田 学, 大音 壮太郎, 田村 寛, 上田 奈央子, 村岡 勇貴, 三宅 正裕, 畑 匡侑, 高橋 綾子, 木戸 愛, et al. 病的近視における近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF治療後10年の視力経過. 眼科臨床紀要. 2023. 16. 7. 536-536
もっと見る
MISC (167件):
  • 白川 利彦, 中嶋 有美子, 大石 明生, 山根 裕介, 森貞 直哉, 伊達木 澄人, 森内 浩幸. Barder-Biedl症候群の姉妹例. 日本小児腎臓病学会雑誌. 2022. 35. 1. 46-46
  • 大石 明生. 遺伝性網膜疾患の新たなアプローチ 網膜画像診断の進歩と新たな活用法(New Approaches to Hereditary Retinal Diseases Progress in retinal imaging and its new application). 日本眼科学会雑誌. 2022. 126. 臨増. 52-52
  • 大石 明生. 高度近視に伴う疾患. 日本眼科学会雑誌. 2022. 126. 臨増. 128-128
  • 池田 康博, 山本 修一, 村上 晶, 川崎 良, 西口 康二, 平見 恭彦, 大石 明生, 坂本 泰二, 日本網膜色素変性レジストリプロジェクトJRPRP. 網膜色素変性の疾患レジストリを用いた病因遺伝子毎の臨床像. 日本眼科学会雑誌. 2022. 126. 臨増. 204-204
  • 町田 祥, 大石 明生, 前川 有紀, 栗原 潤子, 築城 英子, 北岡 隆. 治療抵抗性加齢黄斑変性に対するブロルシズマブ切替の報告. 眼科臨床紀要. 2022. 15. 1. 72-73
もっと見る
書籍 (22件):
  • まるごと黄斑疾患
    文光堂 2023 ISBN:9784830656248
  • 最新眼科画像診断パワーアップ : 検査の基本から最新機器の撮影法まで
    中山書店 2023 ISBN:9784521750521
  • 最新主要文献でみる眼科学レビュー 2023-'24
    総合医学社 2023 ISBN:9784883784738
  • あたらしい眼科 '22臨時増刊号 眼科外来診療クオリティアップ
    メディカル葵出版 2022 ISBN:9784896354676
  • 眼科薬物療法リファレンス
    文光堂 2022 ISBN:9784830656156
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2020 - 現在 長崎大学
  • 2017 - 2020 京都大学
  • 2015 - 2017 ボン大学
  • 2011 - 2015 京都大学
  • 2010 - 2011 (財)先端医療振興財団 研究員
受賞 (5件):
  • 2018 - American Academy of Ophthalmology Achievement Award
  • 2016 - 日本網膜硝子体学会 田野Young Investigator's Award
  • 2015 - 日本眼科学会 学術奨励賞
  • 2014 - Alexander von Humboldt foundation Research Fellowship
  • 2014 - Alcon Novartis Hida Memorial Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る