研究者
J-GLOBAL ID:201201007711555577   更新日: 2021年03月23日

米原 あき

ヨネハラ アキ | Yonehara Aki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教育社会学 ,  社会学
研究キーワード (6件): プログラム評価 ,  人間開発論/人間開発政策 ,  国際社会学 ,  政策評価 ,  教育政策 ,  国際教育協力
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2023 SDGs第4目標達成に貢献する教育のグローバルガバナンスの理論化と実証
  • 2016 - 2018 SDG世界の幕開け:サステイナビリティ評価で国際社会は変わるか?
  • 2009 - 2010 Human development policy in the global era: A proposal from an educational view
  • 2007 - 2010 人間開発政策における教育の役割に関する理論および計量的研究
  • 2003 - 2006 Theoretical and empirical research on the development assistance of basic education
全件表示
論文 (22件):
  • 協働型プログラム評価によるESDスクール・マネジメント実践に関する調査研究報告書. 文部科学省平成31年度SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業:教育(学習)効果の評価・普及. 2020
  • 米原 あき. 協働型プログラム評価実践における「協働型社会調査」: 参加型のアプローチでエビデンスを創出する試み. 評価クオータリー. 2019. 50. 2-17
  • 米原 あき. The role of evaluation for achieving SDGs. Sustainability Science. 2017. 12. 6. 969-973
  • 米原あき, 丸山緑, 澤田秀貴. ODA 技術協力プロジェクトにおけるプログラム評価の 試み:トルコ国防災教育プロジェクトを事例に. 国際開発研究. 2016. 25. 1-2. 91-105
  • 米原 あき. ノンフォーマル教育に関する国際比較研究(科研費報告書). 科研費基盤研究(B)海外学術「学習者のウェルビーイングに資するノンフォーマル教育の国際比較研究」(no.25301053). 2016
もっと見る
書籍 (14件):
  • SDGs時代のESDと社会的レジリエンス
    筑波書房 2020 ISBN:4811905717
  • プログラム評価ハンドブック:社会課題解決に向けた評価方法の基礎・応用
    晃洋書房 2020
  • Cross-bordering dynamics in education and lifelong learning : a perspective from non-formal education
    Ch-6: Lifelong learning and the evaluation process for sustainable futures 2019 ISBN:9780367227012
  • 比較教育学のスキル
    東信堂 2019
  • 才能教育の国際比較
    東信堂 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • Evaluation for “Unpacking”: ESD for School Management
    (UNESCO Global Conference no Teacher Education for ESD 2019)
  • Practices and challenges on evaluation for SDGs-Goal 4.7: Case studies of ESD in Japan
    (World Education Research Association 2019)
  • The role of evaluation in achieving SDGs
    (International Session in Japan Evaluation Society Annual Conference 2018)
  • Practices and problems of localizing SDGs-Goal4.7: Case studies on evaluation capacity building at school context
    (International Session in Japan Evaluation Society Annual Conference 2018)
  • A Theoretical Consideration on the Evaluation of SDG4.7: Framework and Prospects
    (Comparative and International Education Society 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2006 インディアナ大学 博士課程(比較教育政策学)
  • 2002 - 2005 京都大学 博士課程(比較教育政策学)
  • 2000 - 2002 京都大学 修士課程(比較教育政策学)
  • 1996 - 2000 京都大学 教育行政学講座
学位 (2件):
  • 修士 (京都大学)
  • Ph.D. (インディアナ大学)
経歴 (16件):
  • 2017/04 - 現在 東洋大学 社会学部 教授
  • 2016/09 - 現在 明治大学 プログラム評価研究所 研究員
  • 2016/04 - 現在 広島大学教育開発国際協力研究センター 客員研究員
  • 2015/04 - 現在 明治大学 公共政策大学院 ガバナンス研究科 兼任講師
  • 2012/07 - 現在 国際開発センター 統計ワークショップ 非常勤講師
全件表示
委員歴 (28件):
  • 2019/10 - 現在 Cabinet Office Child Poverty Reduction Policy: Survey Committee
  • 2019/10 - 現在 Yokohama-city Minato-mirai-honcho Elementary School School Councilor
  • 2019/10 - 現在 横浜市立みなとみらい本町小学校 学校評議員
  • 2019/10 - 現在 内閣府 子どもの貧困に関する調査
  • 2018/12 - 現在 Kanagawa-pref. SDGs Social Impact Evaluation Committee
全件表示
受賞 (6件):
  • 2012/12 - 日本評価学会 論文賞
  • 2009/11 - 日本評価学会 奨励賞
  • 2006/03 - 米国比較国際教育学会 New Scholar's Workshop Award
  • 2003/09 - スペンサー財団(米国) Discipline Based Scholarship in Education
  • 2003 - 日米教育委員会 フルブライト奨学金
全件表示
所属学会 (6件):
日本行動計量学会 ,  国際開発学会 ,  日本評価学会 ,  Comparative and International Education Society ,  日本比較教育学会 ,  関西教育行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る