研究者
J-GLOBAL ID:201201010777012818   更新日: 2021年11月26日

布川 日佐史

フカワ ヒサシ | Fukawa Hisashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 社会福祉学 ,  経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (7件): 生活困窮者 ,  就労支援 ,  アクティベーション ,  ドイツ求職者基礎保障 ,  稼働能力活用要件 ,  自立支援 ,  生活保護
論文 (8件):
  • 布川日佐史. ドイツにおけるコロナ対応と貧困・格差拡大. 貧困研究. 2021. 26. 11-21
  • 布川 日佐史. コロナ禍へのドイツの対応 : 生活保障の側面から (特集 貧困と格差の緊急事態). 世界. 2021. 944. 181-188
  • 布川 日佐史. ドイツにおける長期失業者・長期受給者の社会参加促進. 現代福祉研究. 2020. 20. 31-58
  • 布川日佐史. 生活困窮者自立支援法改革の課題. 季刊公的扶助研究. 2016. 241. 17-20
  • 布川日佐史. 生活保護法改正と生活困窮者自立支援法. 日本労働年鑑. 2015. 85. 74-107
もっと見る
MISC (2件):
  • 生活保護改正法案と生活困窮者自立支援法の問題点. POSSE. 2013. 21. 58-67
  • 権利としての就労支援、出口としての中間的就労. POSSE. 2012. 17. 59-67
書籍 (6件):
  • 現代の貧困と公的扶助
    高菅出版 2016
  • 最低生活保障と社会扶助基準
    明石書店 2014 ISBN:9784750340968
  • 失業・半失業者が暮らせる制度の構築
    大月書店 2013 ISBN:9784272360734
  • Das letzte Netz sozialer Sicherung in der Bewährung: Ein deutsch-japanischer Vergleich,
    Nomos Verlag 2012 ISBN:9783832959654
  • 生活保護の論点
    山吹書店 2009 ISBN:9784903295237
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 生活困窮者自立支援法と生活保護改革
    (社会政策学会129回大会 2014)
  • Aktivierung und Integration in der Sozialhilfe in Japan
    („Das letzte Netz sozialer Sicherung in der Bewährung - Ein deutsch-japanischerVergleich“, Wissenschafts- workshop an der Hochschule Darmstadt 2010)
学歴 (3件):
  • 1984 - 1987 立命館大学大学院 社会政策・労働問題
  • 1984 - 1987 立命館大学大学院 社会政策・労働問題
  • 1975 - 1982 京都大学 史学科
学位 (1件):
  • 経済学修士 (立命館大学)
経歴 (2件):
  • 1998/04 - 2013/03 静岡大学人文学部・教授
  • 1988/04 - 1998/03 静岡大学人文学部・助教授
委員歴 (3件):
  • 2015 - 2020 貧困研究会 代表
  • 2012 - 2014 貧困研究会 「貧困研究」編集長
  • 2009/06 - 2012/05 社会政策学会 幹事
所属学会 (3件):
貧困研究会 ,  社会保障法学会 ,  社会政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る