研究者
J-GLOBAL ID:201201011832796641   更新日: 2020年10月12日

柴田 友厚

シバタ トモアツ | Shibata Tomoatsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/7e5323e976d0685c2dec2fa272d4ee17.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/7e5323e976d0685c2dec2fa272d4ee17.html
研究分野 (1件): 経営学
論文 (37件):
  • SHIBATA Tomoatsu, Baba,Yasunori, Kodaka,Mitsuru, Suzuki,Jun. Managing ambidextrous organization for corporate transformation. R&D Management. 2018. 44. 1. 75-103
  • 柴田 友厚. 自動運転とEVシフトへの創造的対応. 『研究開発リーダー』(株)技術情報協会. 2018
  • SHIBATA Tomoatsu. Managing new product development process and project leaders for modular architecture development: Framework of two-stage NPD process and module leaders. TOHOKU Univeristy DSSR Discussion paper. 2018. 84
  • Sanchez, Ron, Shibata,Tomoats. Modularity design rules for Architecture Development. Tohoku University DSSR Discussion paper. 2018. 80
  • Bouamama, Imane, Shibata,Tomoatsu. Quantifying the emergence of modularity trap : Case of hard Disc Drive Industry. Tohoku University DSSR Discussion paper. 2017. 71
もっと見る
MISC (19件):
もっと見る
書籍 (16件):
  • Changes in mode of technological learning
    Routledge Publishing 2017
  • 第15章 再生可能エネルギーの普及と地域振興の両立
    株式会社 南北社 2015
  • イノベーションの法則性:成功体験の過剰適応を超えて(単著)
    中央経済社 2015
  • 第14章 たちあがる東北地方の再生可能エネルギー
    河北新報出版センター 2014
  • 第11章 風を起こし地域を興す市民風力発電おおま
    河北新報出版センター 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 日本企業に破壊的イノベーションは可能か
    (研究・イノベーション学会第33回年次学術大会 2018)
  • Strategic perspective forcasting trend of automotive industry
    (野村証券 2018)
  • Modelling the Emergence of Modularity and its Limits, Markov Decision Process and Agent Based Modeling Approach
    (2017 IEEM International Conference on Industrial Engineering & Engineering Management, 2017)
  • 自動車産業のイノベーション潮流と経営戦略
    (中部経済連合会 2017)
  • 日本企業の研究開発体制再考:東大先端研サーベイ
    (研究・イノベーション学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM) 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る