研究者
J-GLOBAL ID:201201012170719028   更新日: 2021年10月27日

稲葉 裕

Inaba Yutaka | Inaba Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.yokohama-seikei.jp/
研究分野 (4件): 整形外科学 ,  医用システム ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (12件): 小児整形外科 ,  関節リウマチ ,  静脈血栓塞栓症 ,  3次元画像解析 ,  コンピューター支援手術 ,  人工関節置換術 ,  Pediatrc Orthopedics ,  Rheumatoid Arthritis ,  Venous Thrombo Embolism ,  3-D Analysis ,  Computer-assisted surgery ,  Total Joint Arthroplasty
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2019 - 2023 筋骨格・骨のイメージベース力学解析の有機的連携構築と骨疾患の治療戦略抽出への展開
  • 2019 - 2022 人工知能を用いた人工股関節全置換術における最適なインプラント設置に関する研究
  • 2017 - 2020 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究
  • 2017 - 2020 大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査
  • 2016 - 2019 人工関節周囲感染における新しい診断ツールの開発
全件表示
論文 (335件):
  • Naomi Kobayashi, Emi Kamono, Kento Maeda, Toshihiro Misumi, Yohei Yukizawa, Yutaka Inaba. Effectiveness of diluted povidone-iodine lavage for preventing periprosthetic joint infection: an updated systematic review and meta-analysis. Journal of orthopaedic surgery and research. 2021. 16. 1. 569-569
  • Tetsuhiko Inoue, Takayuki Higashi, Naomi Kobayashi, Manabu Ide, Kengo Harigane, Yuichi Mochida, Yutaka Inaba. Risk Factors Associated with Aggravation of Cervical Spine Lesions in Patients with Rheumatoid Arthritis. Spine. 2021
  • Higashihira S, Inasaka R, Iwamura Y, Kohno M, Akiyama G, Inaba Y. Patient-reported outcome measures after total knee arthroplasty using knee injury and osteoarthritis outcome score. Journal of Research and Practice on the Musculoskeletal System. 2021. 5. 3. 93-100
  • Hiroshi Fujimaki, Akihiro Nakazawa, Motoharu Hirano, Tsuyoshi Takeuchi, Ayahiro Kadowaki, Yoshihiro Kusayama, Manabu Ide, Kenzo Kanai, Yoori Kim, Joji Matsubara, et al. Status of fracture risk assessment and osteoporosis treatment in Japanese patients with rheumatoid arthritis. Modern rheumatology. 2021. 31. 5. 987-991
  • Thiengwittayaporn S, Budhiparama N, Tanavalee C, Tantavisut S, Sorial RM, Li C, Kim KI, Asia-Pacific (AP)Region Venous Thromboembolism (VTE) Consensus Group, Choe H, Inaba Y. Asia-Pacific venous thromboembolism consensus in knee and hip arthroplasty and hip fracture surgery: Part 3. Pharmacological venous thromboembolism prophylaxis. Knee Surg Relat Res. 2021. 33. 1. 24
もっと見る
MISC (794件):
  • 安部晃生, 崔賢民, 大庭真俊, 池裕之, 手塚太郎, 都竹伸哉, 案納忠識, 稲葉裕. 原発性低リン血症性くる病に伴う下腿変形に対して,3次元実体モデルおよびCT based Navigationを併用した脛骨分節骨切り術の1例. 関東整形災害外科学会雑誌. 2021. 52
  • 井上徹彦, 東貴行, 内野洋介, 小林直実, 稲葉裕. 胸椎化膿性脊椎炎に対して後方進入による病巣掻爬と後方固定術を一期的に施行した1例. 神奈川整形災害外科研究会雑誌. 2021. 33. 2
  • 池裕之, 稲葉裕. 違いが分かる!注意点が見える!術中体位ごとのケアのポイント 体位一覧表付き 06 牽引台を使用する仰臥位. 整形外科看護. 2021. 26. 2
  • 川端佑介, 竹山昌伸, CHOE H., 林田健太, 稲葉裕. 画像診断 骨・軟部腫瘍におけるPET/CT検査の有用性. 別冊整形外科. 2021. 79
  • 稲澤真, 関屋辰洋, 稲葉裕. 保存治療で治癒し得た化膿性椎間関節炎の1例. 関東整形災害外科学会雑誌. 2021. 52. 3
もっと見る
書籍 (64件):
  • 整形外科学レビュー2021-2022.
    総合医学社 2021
  • スペシャリストがすすめる人工関節手術合併症対策.
    南江堂 2021
  • BHA THA人工股関節置換術.
    羊土社 2021
  • Bone Joint Nerve.特集 整形外科感染症診療-最新のトピックス-国際コンセンサス2018を中心に-.
    アークメディア 2020
  • 整形外科看護.
    メディカ出版 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (186件):
  • Accuracy comparison between CT-based navigation and robotic surgery.
    (第51回日本人工関節学会 2021)
  • Taper wedge stem fixation: tips and tricks.
    (21st Asia Pacific Orthopaedic Association Congress 2021 2021)
  • Osteoptomies in the dysplastic hip.
    (21st Asia Pacific Orthopaedic Association Congress 2021 2021)
  • 人工関節周囲感染難治例から学ぶ診断・予防の重要性.
    (第44回日本骨・関節感染症学会 2021)
  • ロボット手術時代における股関節疾患のリハビリテーション医療.
    (第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1989 自治医科大学(JMU)
学位 (1件):
  • 医学博士 (横浜市立大学)
経歴 (1件):
  • 横浜市立大学 附属病院 整形外科 教授
委員歴 (83件):
  • 2021/06 - 現在 日本整形外科学会 学術用語委員会 委員長
  • 2021/06 - 現在 日本整形外科学会 情報管理システム委員会 アドバイザー
  • 2021/06 - 現在 日本整形外科学会 財務委員会 副委員長
  • 2021/06 - 現在 東日本整形災害外科学会 編集委員
  • 2021/03 - 現在 日本人工関節学会 社会保険委員会 担当理事
全件表示
受賞 (37件):
  • 2021 - Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons) Elite reviewer
  • 2020 - Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons) Elite reviewer
  • 2019 - Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons) Elite reviewer
  • 2018 - 関東整形災害外科学会 第58回関東整形災害外科学会月例会最優秀発表演題賞 CT/有限要素解析を用いて病的骨折予測を行った後に低侵襲手術が可能であった大腿骨近位部骨腫瘍性病変の1例
  • 2018 - 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 第10回JOSKAS関節鏡賞 Cam-typeFAIにおける18F-fluoridePET/CTの異常集積部位とコンピュータシミュレーションによるインピンジメント部位の一致率
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る