研究者
J-GLOBAL ID:201201015055023272   更新日: 2020年09月25日

福谷 陽

フクタニ ヨウ | Fukutani Yo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~fukutani/index.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/628c6da7b55545382d85d56fca1600dd.html
研究分野 (1件): 防災工学
研究キーワード (7件): 津波・高潮 ,  ハザードマップ ,  確率論的リスク評価 ,  海岸工学 ,  Uncertainty assessment ,  Tsunami engineering ,  Disaster risk assessment
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2020 - 2022 津波解析の代理モデルと観測データによる逐次更新型リアルタイム津波被害予測手法の開発
  • 2020 - 2021 2019年台風15号の高潮による福浦・幸浦地区の企業被害の実態と統計解析
  • 2020 - 2021 津波および高潮シミュレーションによる沿岸部のリスク評価
  • 2019 - 2021 津波災害リスク長期評価のための日本・カナダ連携研究
  • 2019 - 2021 確率論的浸水評価を考慮したバッファゾーン設定に関する研究
全件表示
論文 (37件):
  • Yo Fukutani, Takaaki Nakamura, Toshiro Shizuma. A Macro Spatial Correlation Characteristics of Tsunami Height and Depth. Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering. 2020. 5b-0003
  • Takuma Kotani, Kenta Tozato, Shinsuke Takase, Shuji Moriguchi, Kenjiro Terada, Yo Fukutani, Yu Otake, Kazuya Nojima, Masaaki Sakuraba, Y. Choe. Probabilistic tsunami hazard assessment with simulation-based response surfaces. Coastal Engineering. 2020. 160. 103719
  • 福谷陽, 中村孝明, 静間俊郎. 津波波高・浸水深のマクロ空間相関特性. JCOSSAR2019(B論文). 2019. OS1-2. 140-141
  • Yo Fukutani, Shuji Moriguchi, Kenjiro Terada, Takuma Kotani, Yu Otake, Toshikazu Kitano. Tsunami hazard and risk assessment for multiple buildings by considering the spatial correlation of wave height using copulas. Nat. Hazards Earth Syst. Sci. 2019. 19. 2619-2634
  • 福谷陽, 倉橋和也, 島袋宗和, 志田一樹. 津波ハザードマップに記載されるバッファゾーンの現状と課題. 地域安全学会論文集. 2019. 35. 173-179
もっと見る
MISC (14件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • Numerical Study on Spatial Correlation Characteristics of Tsunami Inundation Depth
    (European Geosciences Union 2020: Sharing Geoscience Online 2020)
  • 津波波高・浸水深のマクロ空間相関特性
    (第9回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム 2019)
  • Tsunami Risk Assessment Considering Tsunami Wave Correlation Using Copulas
    (2019 Asia Oceania Geosciences Society 2019)
  • 応答曲面を用いた津波リスク評価手法構築のための基礎的検討
    (平成30年度東北大学災害研共同研究成果報告会 2019)
  • Assessment using copulas of simultaneous damage to multiple buildings as a result of tsunamis
    (2018 American Geophysical Union fall meeting 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2016 東北大学
  • 2006 - 2008 東京大学
  • 2002 - 2006 東北大学 物理学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 大正大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 関東学院大学 理工学部 准教授
  • 2012/04 - 2015/03 東北大学災害科学国際研究所 助手
委員歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 建築学会 津波荷重小委員会 委員
  • 2018/04 - 現在 地震工学会 会誌編集委員会 委員
  • 2017/04 - 現在 国土交通省・京浜河川事務所 総合評価審査分科会 委員
  • 2017/04 - 現在 国土交通省・相模川水系広域ダム管理事務所 総合評価審査分科会 委員
  • 2016/10 - 現在 土木学会海岸工学委員会減災アセスメント小委員会 委員
受賞 (1件):
  • 2014/11 - 土木学会 海岸工学論文奨励賞
所属学会 (4件):
日本建築学会 ,  American Geophysical Union ,  公益社団法人 土木学会 ,  日本自然災害学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る