研究者
J-GLOBAL ID:201201015055023272   更新日: 2022年07月03日

福谷 陽

フクタニ ヨウ | Fukutani Yo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~fukutani/index.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/628c6da7b55545382d85d56fca1600dd.html
研究分野 (1件): 防災工学
研究キーワード (6件): 津波・高潮 ,  確率論的リスク評価 ,  海岸工学 ,  Uncertainty assessment ,  Tsunami engineering ,  Probabilistic hazard and risk assessment
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2021 - 2023 確率論的津波浸水ハザード評価の効率化とその検証
  • 2021 - 2022 津波および高潮シミュレーションによる沿岸部の浸水リスク評価
  • 2020 - 2022 津波解析の代理モデルと観測データによる逐次更新型リアルタイム津波被害予測手法の開発
  • 2019 - 2022 津波災害リスク長期評価のための日本・カナダ連携研究
  • 2019 - 2022 確率論的浸水評価を考慮したバッファゾーン設定に関する研究
全件表示
論文 (44件):
  • Kenta Tozato, Shinsuke Takase, Shuji Moriguchi, Kenjiro Terada, Yu Otake, Yo Fukutani, Kazuya Nojima, Masaaki Sakuraba, Hiromu Yokosu. Rapid tsunami force prediction by mode-decomposition-based surrogate modeling. Natural Hazards and Earth System Sciences. 2022. 22. 4. 1267-1285
  • 有川太郎, 宮内俊晴, 北野利一, 福谷陽, 渡部真史. 防護施設の脆弱性の違いによる背後地域の津波浸水確率への影響. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2021. 77. 2. I-223-I-228
  • 福谷陽, 北野利一, 安田誠宏, 有川太郎, 山中亮一. 確率論的津波ハザード評価手法(coRaL法)の構築とそれによる津波浸水評価. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2021. 77. 2. I-175-I-180
  • Yo Fukutani. Probabilistic tsunami inundation assessment for the maximum possible earthquake, the Sagami trough megathrust earthquake in Japan. Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering. 2021. Paper No.C004492
  • Yo Fukutani, Shuji Moriguchi, Kenjiro Terada, Yu Otake. Time-Dependent Probabilistic Tsunami Inundation Assessment Using Mode Decomposition to Assess Uncertainty for an Earthquake Scenario. Journal of Geophysical Research: Oceans. 2021. e2021JC017250. 7
もっと見る
MISC (16件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • Probabilistic tsunami inundation assessment using mode decomposition method ーA case study for Kamakura cityー
    (30th International Tsunami Symposium 2021)
  • モード分解を用いた確率論的津波遡上評価
    (第10回巨大津波災害に関する合同研究集会 2020)
  • 津波荷重評価に用いる水深係数のモード分解による空間的不確実性評価
    (第67回海岸工学講演会 2020)
  • Numerical Study on Spatial Correlation Characteristics of Tsunami Inundation Depth
    (European Geosciences Union 2020: Sharing Geoscience Online 2020)
  • 津波波高・浸水深のマクロ空間相関特性
    (第9回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2016 東北大学
  • 2006 - 2008 東京大学
  • 2002 - 2006 東北大学 物理学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 大正大学 非常勤講師(兼務)
  • 2017/04 - 現在 関東学院大学 理工学部 准教授
  • 2012/04 - 2015/03 東北大学災害科学国際研究所 助手
委員歴 (10件):
  • 2022/04 - 現在 建築学会 荷重運営委員会 津波荷重改定小委員会 委員
  • 2021/11 - 現在 土木学会 海岸工学委員会 論文集編集小委員会 委員
  • 2021/11 - 現在 土木学会 海岸工学委員会 沿岸まちづくりにおける経済学的手法研究小委員会 幹事
  • 2021/08 - 現在 土木学会 原子力土木委員会津波評価小委員会 委員
  • 2021/04 - 現在 国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所/川崎国道事務所 総合評価審査分科会 委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014/11 - 土木学会 海岸工学論文奨励賞
所属学会 (3件):
日本建築学会 ,  American Geophysical Union ,  公益社団法人 土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る