研究者
J-GLOBAL ID:201201016919882503   更新日: 2018年06月11日

小川 由美

オガワ ユミ | Yumi Ogawa
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (2件): 音楽教育 ,  Music Education
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 小学校音楽教育における文化的側面の扱いに関する研究
  • 小学校音楽教育で伝統音楽を扱うことの意義
  • 小学校音楽科学習における伝統音楽の位置づけ
  • -
  • -
全件表示
MISC (20件):
  • 小川由美. 言語獲得と音感覚との相関性-日本語に支援を要する子どものわらべうた実践における様相-. 琉球大学附属発達支援教育実践センター紀要. 2011. 2. 25-32
  • 小川由美. 「音色」の知覚・感受と「奏法」との相関関係に関する一考察-箏の音色に焦点をあてた小学校1年生の実践分析を通して-. 琉球大学教育学部紀要. 2011. 78. 85-92
  • 小川由美. 歌三線の学習から音楽教育へ-「伝統音楽演習」受講生対象のアンケート調査を基に-. 琉球大学教育学部音楽科論集. 2011. 3. 147-155
  • 小川由美. 音楽と身体反応とイメージの相関性に関する一考察-小学校低学年の実践分析を通して-. 琉球大学教育学部音楽科論集. 2011. 3. 137-146
  • 小川由美. 言語獲得と音感覚との相関性-日本語に支援を要する子どものわらべうた実践における様相-. 琉球大学附属発達支援教育実践センター紀要. 2011. 2. 25-32
もっと見る
書籍 (4件):
  • 学校における「わらべうた」教育の再創造-理論と実践-
    2010
  • 学校における「わらべうた」教育の再創造-理論と実践-
    2010
  • 生成を原理とする21世紀音楽カリキュラム-幼稚園から高等学校まで-
    2006
  • 生成を原理とする21世紀音楽カリキュラム-幼稚園から高等学校まで-
    2006
講演・口頭発表等 (26件):
  • 身体を軸とした音楽認識-わらべうたの遊びと音楽的要素との関わりに注目して-
    (研究発表 2010)
  • 音楽科において文化的側面をどう扱ったらよいか-その範囲と方法-
    (ラウンドテーブルIV 2010)
  • 音楽の文化的側面を効果的に組み込む単元構成-小学校低学年における鑑賞の実践を通して-
    (自由研究 2010)
  • わらべうた遊びから生まれる身体表現-わらべうた実践を通して-
    (ポスター発表 2010)
  • 身体を軸とした音楽認識-わらべうたの遊びと音楽的要素との関わりに注目して-
    (研究発表 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 大阪教育大学 音楽教育専攻音楽科教育学専修
  • - 2002 Osaka Kyouiku University
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (大阪教育大学)
経歴 (2件):
  • 2010/10/01 - - , 琉球大学 教育学部 講師
  • 2010/10/01 - - , University of the Ryukyus, Faculty of Education, Assistant Professor
受賞 (2件):
  • 2010 - 日本学校音楽教育実践学会 第四回研究奨励賞
  • 2010 - -
所属学会 (10件):
日本デューイ学会 ,  日本教育実践学会 ,  国際幼児教育学会 ,  日本保育学会 ,  日本学校音楽教育実践学会 ,  John Dewey Society of Japan ,  The Japan Society for Studies on Educational Practices ,  International Association of Early Childhood Educaiton ,  Japan Society of Research on Early Childhood Care and Educaiton ,  Japan Association for the Study of School Music Educaitonal Practice
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る