研究者
J-GLOBAL ID:201201019185663295   更新日: 2012年12月21日

土屋 祐子

ツチヤ ユウコ | Yuko Tsuchiya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/yukonyu/
研究分野 (3件): 図書館情報学・人文社会情報学 ,  地域研究 ,  社会学
研究キーワード (5件): メディア論 ,  メディアリテラシー ,  市民メディア ,  コミュニティメディア ,  グローカル・コミュニケーション
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 2007 -「ソシオメディア論に基づくデジタル・コミュニケーションツールの開発」(NOISE)
論文 (6件):
  • 小川 明子 伊藤 昌亮 溝尻 真也 土屋 祐子. 障がいをめぐる対話とデジタル・ストーリーテリング メディア・コンテハッピーマップ実践報告. 愛知淑徳大学論集メディアプロデュース学部篇. 2012. (2) 95-114
  • 坂田邦子、小川明子、崔銀姫、土屋祐子、川上隆史. 地域イメージにおけるステレオタイプの考察-地域間交流学習『ローカルの不思議』の実践事例から-. 社会情報学研究. 2011. 第15 巻. 第2 号
  • 土屋 祐子. イメージを撮る、語る、共有する~オルタナティブメディア表現のためのメディアリテラシーワークショップ~. 広島経済大学研究論集. 2010. 第33巻. 第3号. 59-69
  • 土屋 祐子・川上 隆史. 他者と自己による広島イメージ~メディアリテラシー実践『ローカルの不思議』からの一考察~. 広島経済大学研究論集. 2010. 第33巻. 第1号. 45-56
  • 土屋 祐子. ラジオの民主化と『のど自慢』-日本における視聴者参加番組史. 広島経済大学研究論集. 2009. 第32巻. 第3号. 69-97
もっと見る
MISC (4件):
  • 土屋 祐子. 市民メディアの展開と持続可能なメカニズムの検討(研究集会報告要旨). 広島経済大学研究論集. 2009. 第32巻. 第3号. 99-107
  • 土屋 祐子. テレビを遠いメディアにしないために. 月刊放送. 2009. 第39巻. 7号. 40-41
  • 土屋 祐子. メディアと市民の協働型メディア・リテラシーをめぐる調査研究とウェブサイト構築. 放送文化基金『研究報告』 平成17 年度助成・援助分(人文社会・文化). 2007
  • 土屋 祐子. The Cultural Impact of Global Media: Cultural Globalization or Cultural Imperialism?. M.A. Program in Media Ecology, Department of Culture and Communication, School of Education, New York University(卒業リサーチ論文). 1998
書籍 (5件):
  • 送り手たちの森:市民とつなぐ回路
    Nipporo 文庫 2000
  • 現代地域メディア論--市民がつくるコミュニティの新しいかたち--
    日本評論社 2007
  • Asian Communication Handbook 2008
    AMIC 2008
  • メディアリテラシー・ワークショップ-情報社会を学ぶ・遊ぶ・表現する
    東京大学出版会 2009
  • 黒板とワイン-もう一つの学び場「三田の家」
    慶應義塾大学出版会 2010
講演・口頭発表等 (10件):
  • オルタナティブ・メディアの挑戦:『語り』をつなぐ、可視化する
    (日本マス・コミュニケーション学会 ワークショップ 2004年度春季研究発表会(八戸大学) 2004)
  • ソシオメディア論に基づくデジタル・コミュニケーションツールの開発
    (日本社会情報学会,第11回研究大会(学習院大学) 2006)
  • コンテキストを視覚化する情報リテラシー教材の開発
    (第22回日本教育工学会全国大会(関西大学) 2006)
  • <ニュース>の変容:インターネットと市民の語り
    (武蔵社会学会,2006年度年次大会(武蔵大学) 2006)
  • Rediscover the World via Digital Cameras
    (The 15th Amic Annual Conference, Malaysia 2006)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1994 明治大学 経営学部 経営学科/学士(経営学)
  • - 1999 M.A. Program in Media Ecology, Department of Culture and Communication, School of Education, New York University/MA in Culture and Communication
  • - 2003 東京大学大学院 学際情報学府 修士課程/修士(学際情報学)
  • - 2003 東京大学 人文社会系研究科社会情報研究所 教育部研究生/修了
学位 (3件):
  • 修士(学際情報学) (東京大学)
  • MA(Culture and Communication) (New York University)
  • 学士(経営学) (明治大学)
経歴 (17件):
  • 1994/04 - 1995/10 (株)セガ・エンタープライゼス入社 テーマパーク運営・企画
  • 1999/10 - 2000/09 朝日新聞電子版『アサヒコム』 ウェブ編集スタッフ(非常勤 2000年10月~2003年4月)
  • 2004/04 - 2005/03 武蔵野美術大学造形学部 非常勤講師
  • 2003/05 - 2005/05 日本インターネット新聞株式会社入社 市民メディア『JanJan』編集記者
  • 2005/04 - 2006/03 新潟大学人文学部 非常勤講師
全件表示
所属学会 (3件):
日本マス・コミュニケーション学会 ,  日本教育メディア学会 ,  日本社会情報学会(JSIS)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る