研究者
J-GLOBAL ID:201201019249870907   更新日: 2020年09月24日

松本 武浩

マツモト タケヒロ | Matsumoto Takehiro
研究分野 (1件): 消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2020 「医療安全に資する病院情報システムの機能を普及させるための施策に関する研究」
  • 総括研究報告書「医療安全に資する病院情報システムの機能を普及させるための施策に関する研究」研究代表者:松村泰志
  • 平成27年度科学研究補助金基盤研究(C)
  • 「パーソナルヘルスレコード(PHR)利活用研究事業」
  • 「クラウド型広域調剤情報共有システムの構築と有効性・安全性の検証」
論文 (243件):
  • 松本 武浩, 田浦 直太, 臼井 哲也. あじさいネットに構築した周産期医療支援システムの評価. 日本遠隔医療学会雑誌. 2020. 15. 補刊号. 15-15
  • 松本 武浩, 田浦 直太, 臼井 哲也. あじさいネットに構築した周産期医療支援システムの評価. 日本遠隔医療学会雑誌. 2020. 15. 補刊号. 15-15
  • 松本 武浩, 田浦 直太, 臼井 哲也, 西口 真由美, 堀田 ほづみ, 中尾 一彦. クリニカルパス例の原価計算 パスは収支を改善するか?. 日本クリニカルパス学会誌. 2019. 21. 4. 386-386
  • 西口 真由美, 岡田 みずほ, 草野 実里, 堀田 ほづみ, 田浦 直太, 松本 武浩. 当院におけるパス監査の価値 パス電子化後10年間の取組み. 日本クリニカルパス学会誌. 2019. 21. 4. 433-433
  • 西口 真由美, 岡田 みずほ, 草野 実里, 田浦 直太, 松本 武浩. 多職種によるパス作成支援チームの活動とその評価. 日本クリニカルパス学会誌. 2019. 21. 4. 447-447
もっと見る
MISC (204件):
  • 松本武浩. 病院・診療所・在宅医療と介護との連携を支援するICTネットの構築に向けて. 医療福祉経営マーケティング研究. 2018. 13. 1. 46
  • 西口真由美, 岡田みずほ, 後田実知子, 江副智美, 松本武浩, 貞方三枝子. アウトカムを意識した標準看護計画による看護師の思考過程の変化. 日本クリニカルパス学会誌. 2018. 20. 3. 298
  • 西口真由美, 貞方三枝子, 貞方三枝子, 岡田みずほ, 江副智美, 松本武浩. 看護支援ITが実現しているもの 看護現場視点でのIT活用効果 新型看護業務用端末(PDA)導入がもたらした看護支援業務の質の変化と業務負担軽減 新機能活用までの活動を通して. 月刊新医療. 2018. 45. 3. 90-93
  • 松本武浩. 電子カルテの進歩と診療録の変化. 日本医療マネジメント学会九州・山口連合大会プログラム・抄録集. 2018. 17th. 60
  • 松本武浩. 長崎市の在宅介護連携おける大学病院や専門病院の関わり~あじさいネットを使った在宅介護連携~. 日本在宅医学会雑誌. 2017. 19. 1. 84-85
もっと見る
特許 (2件):
  • 疾患予後モデルの作成方法、このモデルを用いた疾患予後予測方法、このモデルによる予後予測装置、ならびにそのプログラム・記憶媒体
  • 医療機関向けセーフティーマネージメントシステム
書籍 (29件):
  • ドクターサロン ANNEX -地域医療連携フロンティア-(第2回)ITを活用した地域医療連携
    キョーリンメディカルサプライ株式会社 2019
  • 疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる 在宅医療マネジメントQ&A
    日本医事新報社 2018 ISBN:9784784947669
  • 在宅復帰支援 思いのほか自宅に帰れます
    南山堂 2018 ISBN:9784525207519
  • 電子カルテ上の看護記録の作法
    日総研出版 2017 ISBN:9784776018322
  • 医療情報 第5版 医療情報システム編
    篠原出版新社 2016 ISBN:9784884123871
もっと見る
講演・口頭発表等 (293件):
  • 地域包括ケアに貢献する心臓リハビリテーション:各地のモデルに学ぶ あじさいネットに構築した専門診療支援システム ~心不全ネットワーク型パスの開発~
    (日本心臓リハビリテーション学会九州地方会 2019)
  • 地域医療情報システムにおける検査データ 標準化の取り組み (あじさいネットにおける検査データの標準化)
    (第8回あじさいネット研究会 2019)
  • 地域医療情報システム利用による経営面での効果
    (第8回あじさいネット研究会 2019)
  • 周産期医療支援システム「すくすく」の評価 あじさいネットで利用可能な各種データ
    (第8回あじさいネット研究会 2019)
  • あじさいネットを用いた在宅医療 -多職種連携の活用法-
    (第1回日本在宅医療連合学会大会, シンポジウム 在宅医療介護連携における情報共有 ~ICTのもつ可能性~ 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1984 - 1989 長崎大学
経歴 (9件):
  • 2005/11 - 現在 長崎大学 生命医科学域 医療情報学
  • 2001/04 - 2005/10 国立病院機構長崎医療センター 臨床研究センター 室長
  • 2000/04 - 2001/03 厚生省保健医療局 政策医療課
  • 1997/06 - 2000/03 国立長崎中央病院 消化器科・臨床研究部
  • 1994/06 - 1997/05 長崎大学医学部 第一内科
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2015/11 - 現在 日本クリニカルパス学会 評議員
  • 2015/10 - 現在 長崎地域包括ケア推進協議会 委員・情報共有WG長
  • 2015/03 - 現在 長崎クリティカルパス協議会 会長
  • 2014/04 - 現在 日本クリニカルパス学会 医療情報委員会委員
  • 2009/10 - 現在 長崎県福祉保健部 長崎県あじさいネット拡充プロジェクト室室長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2006/11 - 長崎大学医学部第一内科特別賞
所属学会 (9件):
日本遠隔医療学会 ,  日本医療・病院管理学会 ,  日本医療連携研究会 ,  日本クリニカルパス学会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本肝臓病学会 ,  日本内科学会 ,  日本医療情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る